• ホーム
  • 芸能
  • すっちー、危ない一面をチラリ 女優を見ながら乳首ドリル

すっちー、危ない一面をチラリ 女優を見ながら乳首ドリル

 吉本新喜劇の映画『商店街戦争〜SUCHICO〜』の初日舞台あいさつが4日、都内で行われ、新喜劇座長のすっちー、座員の吉田裕、元格闘家で俳優・武田幸三らが出席。すっちーと吉田のコンビ芸「乳首ドリル」では、すっちーの変態な一面が表に出てしまった。

【写真】その他の写真を見る


 映画はすっちーと武田のダブル主演。すっちーは新喜劇でおなじみのすち子に扮し、武田が演じる熱血漢の刑事と共に商店街を舞台にした連続行方不明事件を解決する物語。主演の2人は同い年だが撮影を通じても仲が深まることはなかったという。

 武田は「芸能界で初めて、お友達ができると思ったのに…」と寂しげな表情を浮かべるも、すっちーは「だぶん(芸能界で)1番、非社交的な人間。基本的に目を合わせて、あいさつできない」となぜか自慢げにきっぱり。「人と長時間しゃべるのが苦手なんです」と食事の誘いを断り続けていることを明かし、笑わせていた。

 一方で、すっちーは出演する女優・松本穂香とは連絡を取り合っているという。年始のあいさつや、松本のNHKの朝ドラ出演の話題などで盛り上がっているそう。ただ吉田の乳首を棒でドリルし続けるコンビ芸「乳首ドリル」を披露した際には、すっちーは背後にいた松本の顔を凝視。すっちーは「乳首をドリルしながら穂香ちゃんの目を見る。これは、すごいプレーですね」とニヤニヤ。松本を苦笑いさせ、吉田からは「乳首を見んかい!」とツッコまれていた。

 舞台あいさつにはそのほか、元NMB48高野祐衣三木美加子、谷口仁則監督も参加した。



関連写真

  • 映画『商店街戦争〜SUCHICO〜』の初日舞台あいさつに出席したすっちー (C)ORICON NewS inc.
  • 乳首ドリルしながら松本を凝視するすっちー(中央) (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『商店街戦争〜SUCHICO〜』の初日舞台あいさつ(左から)谷口仁則監督、高野祐衣、武田幸三、すっちー、松本穂香、吉田裕、三木美加子 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『商店街戦争〜SUCHICO〜』の初日舞台あいさつに出席した高野祐衣 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『商店街戦争〜SUCHICO〜』の初日舞台あいさつに出席したすっちー(左)と武田幸三 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『商店街戦争〜SUCHICO〜』の初日舞台あいさつに出席した松本穂香 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『商店街戦争〜SUCHICO〜』の初日舞台あいさつに出席した武田幸三 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス