• ホーム
  • 音楽
  • ゆず20周年ベスト盤で村上隆、名和晃平、東信が“ゆず太郎”を作ってみた

ゆず20周年ベスト盤で村上隆、名和晃平、東信が“ゆず太郎”を作ってみた

 人気デュオ・ゆずのデビュー20周年記念ベストアルバム『YUZU 20th Anniversary ALL TIME BEST ALBUM ゆずイロハ1997-2017』(4月26日発売)のジャケット写真が3日、公開され、これまでにゆずのアートワークを手がけてきたアーティスト・村上隆氏、彫刻家・名和晃平氏、フラワーアーティスト・東信氏との豪華コラボレーションが実現した。

 デビュー当時からゆずのファンクラブのマスコットキャラクターとして親しまれている「ゆず太郎」が題材。3人のアーティストがそれぞれの感性と解釈でゆず太郎を表現した。

 カラフルなゆず太郎を作った村上氏は「ゆずとは15年のお付き合い。最初のコラボはお花で!ユズモラス、イッチくん、ゆずレンジャー、ゆずサーカス、と、コラボのたびにたくさんキャラクターを作ってきました。そんな「ゆず」と僕の集大成ということで、ゆず太郎に僕のボスキャラたんたん坊シリーズを合体! どどーんと時代を飲み込んじゃえ!と、ギラギラギャオ〜な作品にしました!」と解説。

 東氏は「MOSSY HILLの深い緑の世界と連動させ、今回は思いっきりシンプルに『緑』のゆず太郎をつくりました。つるっとした素材感、『人間らしい』曲線、優しい眼差し。それらが緑をまとった瞬間から、よりリアルな生き物の雰囲気を帯びました。手に持った2つのつながった球根はゆずの北川くんと岩沢くんの2人の存在を表しています」と説明し、「これからも音楽を通じて、お2人がたくさんの新しい芽を育んでいかれることを祈っています」とメッセージを寄せた。

 デビュー20周年を記念したベスト盤『ゆずイロハ』は、CD3枚組に全50曲が収録される。



関連写真

  • (左から)名和晃平氏、東信氏、オリジナル、村上隆氏が手がけた「ゆず太郎」
  • デビュー20周年を迎えるゆず

オリコントピックス