• ホーム
  • 芸能
  • 戦隊女優・柳美稀が漫画家と対面にウキウキ、自称“驚異的に下手”な絵も披露

戦隊女優・柳美稀が漫画家と対面にウキウキ、自称“驚異的に下手”な絵も披露

 元千葉ロッテマリーンズの里崎智也と、ニッポン放送アナウンサーの吉田尚記がパーソナリティを務める『今夜もオトパラ!(毎週金曜日17時30分〜20時50分)』内のコーナー「講談社 presents 吉田尚記のコミパラ!」の公開収録イベントが2日、東京・有楽町のニッポン放送イマジンスタジオで行われた。

【写真】その他の写真を見る


 年間約500冊の漫画を購入するマニアで、“マンガ大賞”の発起人でもある吉田アナが、毎週オススメの漫画1冊を紹介する人気コーナー。今回、第2回となる公開収録イベントでは、今年35周年を迎える講談社モーニングとのコラボレーションが実現。自分の歴史上ナンバーワン漫画を『国民クイズ』と答え続けているという吉田アナは「モーニングの話ってあまり聞いたことがないし、漫画のイベントってあまり世の中にないので無類にやる気ですね。めちゃくちゃ嬉しいです」と同コラボへの喜びを明かした。

 ゲストには、モーニング編集長の穴倉立哉氏、『疾風の勇人』作者の大和田秀樹先生、『アイアンバディ』作者の左藤真通(さとうまさみち)先生、そしてスーパー戦隊シリーズ『動物戦隊ジュウオウジャー』で活躍中するモデルで女優の柳美稀を迎え、“モーニング談議”に花を咲かせた。

 大のマンガ好きだという柳はイベントに、自身が薦めるモーニングのマンガ『眼鏡橋華子の見立て』(松本救助)にちなんだ眼鏡姿で登場。「大好きな漫画を描いている人に会えるというのは生きていてもレアじゃないですか。ウキウキして来ました」とはにかんだ。

 また、「私ほんとに驚異的に絵が下手なので、この期に絵を教えてもらえたらな」と願望を明かすと、すかさず大和田先生から「前振り前振り!押すなよってことですよね」とツッコミが入り、急遽絵を披露する展開に。

 柳が一番好きだという漫画『HUNTER×HUNTER』から、クラピカの絵を披露すると吉田アナからは「どちらかと言うと、藤子・F・不二雄の影響が強い」と評価され、会場からは笑いが起きていた。



関連写真

  • 「講談社 presents 吉田尚記のコミパラ!」の公開収録イベントにゲスト出演した柳美稀 (C)oricon ME inc.
  • 「講談社 presents 吉田尚記のコミパラ!」の公開収録イベントに出席したモーニング編集長・穴倉立哉氏、柳美稀、吉田尚記アナ、大和田秀樹先生、左藤真通先生(C)oricon ME inc.
  • 絵を披露した柳美稀 (C)oricon ME inc.
  • 柳美稀が披露した絵(C)oricon ME inc.
  • 「講談社 presents 吉田尚記のコミパラ!」の公開収録イベントに出席した吉田尚記アナウンサー (C)oricon ME inc.
  • 「講談社 presents 吉田尚記のコミパラ!」の公開収録イベントにゲスト出演した大和田秀樹先生 (C)oricon ME inc.
  • 「講談社 presents 吉田尚記のコミパラ!」の公開収録イベントゲスト出演した左藤真通先生 (C)oricon ME inc.
  • 「講談社 presents 吉田尚記のコミパラ!」の公開収録イベントゲスト出演したモーニング編集長・穴倉立哉氏 (C)oricon ME inc.
  • 絵を披露した柳美稀 (C)oricon ME inc.

オリコントピックス