• ホーム
  • 映画
  • 『パッセンジャー』“壮絶な愛と運命”を予感させる特別映像が公開

『パッセンジャー』“壮絶な愛と運命”を予感させる特別映像が公開

 米女優ジェニファー・ローレンスと米俳優クリス・プラットがW主演する映画『パッセンジャー』(24日公開)。主人公の2人が体験する“宇宙でたった2人きりの世界”を収めた特別映像が3日、ORICON NEWSに到着した。

 同作は、冬眠ポッドで眠る5000人の乗客を乗せた豪華宇宙船アヴァロン号が舞台となり、地球から目的地まで120年かかるなか、なぜか90年も早く目覚めてしまった男女の壮絶な愛と運命が描かれる。

 公開されたのは、作家のオーロラ(ローレンス)とエンジニアのジム(プラット)という“地球では決して出会うはずのない”2人が引かれ合い、幸せそうに過ごす様子を収めた映像。

 映画を観ながらじゃれ合い、誕生日を祝うディナーを開き、美しい宇宙の光景を前に抱きしめ合うなど、一見すると幸せなカップルの普遍的な姿だが、今置かれているのは“このまま船内で生涯を終えるかもしれない”という極限状況。幸せと絶望を同時に抱える2人の唯一の生きる術となるのは“互いを求め合う愛”なのだ。

 そんな2人をさらに追い詰めるのが、アヴァロン号の原因不明のトラブル。オーロラは燃えさかる船内で泣き叫び、映像のラストは、「君に伝えたいことがある」と、涙ながらに語るジムの意味深なせりふで締めくくられる。

 オーロラを演じたローレンスは「彼女は自分では状況を変えることができないなかで、多くの衝撃的な経験をする。そして自分の人生を“どのように全うするか”を考え、揺れ動くその感情はとても興味深いものになっているわ」と明かしている。ジムを演じたプラットは「これまでに見たこともないような想像力があって、それでいて人間味にあふれている。緊迫感もあるけれど、心に響いてくるんだ」と、作品をアピールした。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



オリコントピックス