• ホーム
  • 芸能
  • 宮川大助「腰部脊柱管狭窄症」の手術成功 妻で相方の花子が感謝「ほっとしました」

宮川大助「腰部脊柱管狭窄症」の手術成功 妻で相方の花子が感謝「ほっとしました」

 夫婦漫才コンビ「宮川大助・花子」の宮川大助(66)が、きょう2日に大阪市内の病院で腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)の手術を受け、無事成功した。同日、所属事務所が発表した。

 事務所によると、大助は以前から腰痛の持病があり、最近になり悪化。検査の結果、腰椎に数ヶ所、神経が狭窄している様子が確認されたため、手術を決断し、先月28日から入院。今後は、しばらくは安静に努め、リハビリ後に退院する。仕事復帰については、主治医の判断の上進めていくという。

 手術を終え、妻で相方の宮川花子(61)は書面で感謝を伝えるとともに「ストレッチャーの上で仰向けに寝たまま、大助くんが指でOKサインを作りながら出てきた時はほっとしました」と記し「あとは、あせらず、あわてず、あきらめず…。万全になるまでリハビリです。大助くんが戻ってくるまで、しばらく一人でセンターマイクを守ろうと思います。みなさん、よろしくお願いします」とメッセージしている。

■以下、花子のコメント全文

まず、手術は大成功で先生には本当に感謝しています。

きょうは大助くんが手術室に入るところを見てから祇園花月に言ったのですが、舞台が終わって、病院に帰ってきたらちょうど手術室からでてくるところで。「ああ待っといてくれたんやなあ」としみじみ思いました。

ストレッチャーの上で仰向けに寝たまま、大助くんが指でOKサインを作りながら出てきた時はほっとしました。

あとは、あせらず、あわてず、あきらめず…。万全になるまでリハビリです。

大助くんが戻ってくるまで、しばらく一人でセンターマイクを守ろうと思います。

みなさん、よろしくお願いします。

宮川花子



関連写真

  • 宮川大助・花子。写真は仕事先の沖縄で撮影し、手術決定の記念に作ったTシャツを着用している
  • 宮川大助・花子

オリコントピックス