• ホーム
  • 芸能
  • 【2016 年間ドラマ賞】「主演女優賞」に“トットちゃん”満島ひかり「玉ねぎ頭は、宝物で溢れて重たかった」

【2016 年間ドラマ賞】「主演女優賞」に“トットちゃん”満島ひかり「玉ねぎ頭は、宝物で溢れて重たかった」

 オリコンのグループ会社・oricon ME発行のエンタテインメントビジネス誌『コンフィデンス』が主催し、有識者と視聴者が共に支持する質の高いドラマを表彰する「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」が初の年間大賞を発表。「主演女優賞」は、黒柳徹子の自伝的エッセイを実写化した『トットてれび』(NHK総合)で、昭和28年にNHK専属テレビ女優1号となった、若き日の黒柳を好演した満島ひかりが受賞した。

 満島は、テレビ草創期の奮闘や賑わい。また、ミムラ演じる向田邦子吉田鋼太郎演じる森繁久彌といった、著名人たちとの交流を生き生きとリアリティたっぷりに表現し、審査員から「黒柳徹子さんのものまねではなく、黒柳さんが憑依したかのような演技が圧倒的だった。満島さんが演じられない人物はいない、と思う」(牧元一氏/スポーツニッポン 文化社会部 専門委員)、「この役を演じれば必ず本人と比較されることがわかっていながら、その高いハードルにチャレンジし、見事に視聴者を納得させた演技力と、何よりその勇気に惜しみない拍手を贈りたい」(椎葉克宏/oricon ME『コンフィデンス』編集長)などと高く評価された。なお、受賞した満島のコメントは以下の通り。

■主演女優賞:満島ひかり

 トットちゃんこと黒柳徹子さんの“イノセント”なパワーと、いまの時代のわたしたちに繋がってきたバトンを、ぎゅっと握りしめて出発したドラマでした。自らの人生をおすそ分けしてくれた徹子さんも一緒に、『トットてれび』では、みんなが無茶なことを無茶苦茶に楽しんでいたように思います。人間がもっと野生だったころ、テレビが未知のオモチャだったころの魅力たるや! とにかく玉ねぎ頭は、宝物で溢れて重たかったです。この度は主演女優賞を、ありがとうございます。

【「コンフィデンスアワード・ドラマ賞 年間大賞2016」結果一覧】

作品賞:『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)
主演男優賞:山田孝之/『闇金ウシジマくん Season3』(MBS/TBS系)、『勇者ヨシヒコと導かれし七人』(TX系)
主演女優賞:満島ひかり/『トットてれび』(NHK総合)
助演男優賞:草刈正雄/大河ドラマ『真田丸』(NHK)
助演女優賞:石田ゆり子/『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)
脚本賞:野木亜紀子氏/『重版出来!』(TBS系)、『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)
新人賞:ディーン・フジオカ/連続テレビ小説『あさが来た』(NHK)、『ダメな私に恋してください』(TBS系)、『IQ246〜華麗なる事件簿〜』(TBS系)
<審査員特別賞>岡田将生松坂桃李柳楽優弥/『ゆとりですがなにか』(日テレ系)
 対象作品・俳優は、16年1月、4月、7月、10月期の各「コンフィデンス・ドラマ賞」受賞作・受賞者と、クール毎の発表では対象外としていたNHK連続テレビ小説、NHK大河、各シリーズ作品及びその出演者。17年1月6日の審査会で、審査員に7部門の受賞者をそれぞれ投票してもらい決定した。なお、年間大賞ということで審査会では激論が交わされ、「作品賞」など4部門の候補として存在感を示した『ゆとりですがなにか』の岡田将生、松坂桃李、柳楽優弥に、審査員たっての希望で「審査員特別賞」が贈られた。

※「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」とは、オリコンのグループ会社oriconMEが発行する、週刊エンタテインメントビジネス誌『コンフィデンス』が主催し、有識者と視聴者が共に支持する「質の高いドラマ」を表彰する賞。視聴者の評価は、『コンフィデンス』が毎週、約700名を対象に調査しているドラマ満足度調査「オリコンドラマバリュー」の累積平均データを使用。審査員の投票結果と合計したうえで、最終的には有識者20名による審査会で決定する。

(コンフィデンス 17年3月6日号掲載)



関連写真

  • 『トットてれび』(NHK総合)で、黒柳徹子を好演した満島ひかり
  • 「主演女優賞」を受賞した満島ひかり

提供元:CONFIDENCE

【最新号】コンフィデンス 2017年6月19日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2017年6月19日号

<COVER STORY>
西村義明氏(スタジオポノック代表取締役)
ジブリでプロデューサー経験を積み『メアリと魔女の花』にかける
「いい作品を作れば必ず伝わる。それが次へと繋がっていくそう信じてやっていくだけ」

<SPECIAL ISSUE 1>
さらなる産業発展のカギ
eスポーツに見る「ライブエンタメ」ビジネスの可能性

<SPECIAL ISSUE 2>
音楽、映像、書籍月間マーケットレポート 17年5月度

お問い合わせ

オリコントピックス