• ホーム
  • 芸能
  • 村上春樹『騎士団長殺し』が1・2位独占 『1Q84』大幅に上回るスタート

村上春樹『騎士団長殺し』が1・2位独占 『1Q84』大幅に上回るスタート

【ランキング表】
BOOK TOP30 / 文庫 TOP30 / コミック TOP30

 村上春樹氏の新作書き下ろし長編小説『騎士団長殺し』(新潮社 2月24日発売)の『―第1部 顕れるイデア編―』が週間26.7万部、『―第2部 遷ろうメタファー編―』が同21.1万部をそれぞれ売り上げ、3/6付オリコン週間“本”ランキングの総合部門にあたるBOOK部門、および文芸(小説)部門で1位・2位を獲得。発売3日間での2作の合計売上は47.8万部となり、2009年5月発売の長編『1Q84 BOOK1』『〜 BOOK2』が同年6/8付で記録した週間19.2万部と15.8万部の合計35.0万部を大きく上回るスタートとなった。

 村上氏作品による同部門1位獲得は、前作の短編集『女のいない男たち』(14年4月発売、週間売上12.1万部、累積売上33.7万部)が14年4/28、5/5付で記録して以来2年10ヵ月ぶり。また今作第1部の週間売上26.7万部は、『1Q84 BOOK3』(10年4月発売)が10年4/26付で記録した週間39.8万部、『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』(13年4月発売)が13年4/22付で記録した同37.2万部に次ぐ売上となった。

 なお、同一シリーズの文芸作品による同部門1位・2位独占は、08年11/3〜17付で記録した東野圭吾氏『聖女の救済』『ガリレオの苦悩』(08年4月発売)、09年6/8〜7/6付の村上氏『1Q84 BOOK1』『〜 BOOK2』、13年6/24〜7/8付の百田尚樹氏『海賊とよばれた男上』『〜 下』(12年7月発売)、14年4/21付の和田竜氏『村上海賊の娘上』『〜 下』(13年10月発売)以来、2年10ヵ月ぶり史上5作目となる。

 今作は村上氏にとって『色彩を持たない多崎つくる〜』以来4年ぶりの長編。事前に内容を明かさない出版元の販売戦略でも話題を呼んでいた。

■調査協力店
旭屋書店、アスマート、ANIPLEX+、アニメイト、Amazon.co.jp、いまじん・白揚、ヴィレッジヴァンガード、紀伊國屋書店、キャラアニ、くまざわ書店、ゲオ、コミックとらのあな、三省堂書店、三洋堂書店、ジュンク堂書店・丸善書店、セブンネットショッピング、TSUTAYA、戸田書店、ネオ・ウィング、明屋書店、フタバ図書、BOOK EXPRESS、ブックスタマ、芳林堂書店、未来屋書店、八重洲ブックセンター、有隣堂、楽天ブックス、リブロ、ローソンHMVエンタテイメント、WonderGOO ほか全国書店3,858店舗(WEB通販含む)※2017年3月6日付現在(五十音順)

■オリコン“本”ランキング
書籍を販売している全国の書店およびWEB通販の週間売上をもとに全国推定売上部数を算出し順位を確定。「BOOK」「コミック」「文庫」の主要3ランキングと、「新書」「ビジネス書」を毎週木曜日に発表する。今後も月曜日分の売上から翌日曜日分までの売上を週間ランキングとして集計。それらをもとに月間ランキング及び年間ランキングも発表する。

■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、スマホ、SNS)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。


【ランキング表】 BOOK TOP30 / 文庫 TOP30 / コミック TOP30



関連写真

  • 村上春樹著『騎士団長殺し 第1部 顕れるイデア編』(新潮社)
  • 村上春樹著『騎士団長殺し 第2部 遷ろうメタファー編』(新潮社)

オリコントピックス