• ホーム
  • 芸能
  • 余貴美子、ラブホ掃除のおばさん役「どんなアブノーマルな役かしら…」

余貴美子、ラブホ掃除のおばさん役「どんなアブノーマルな役かしら…」

 女優の余貴美子(60)がフジテレビTWO ドラマ・アニメ/フジテレビTWOsmartのオリジナルドラマ『ラブホ!』(毎週日曜 後11:30※全5話)に出演することがわかった。余が演じるのはタイトル通り、ラブホテルの掃除のおばさん。2013年に上演され話題となった人気舞台を初めて映像化した同ドラマは都会の片隅にあるラブホテルを舞台に、そこにやってくるなにやらワケアリな男女の姿を描く。

 ラブホにやってくるのは自分をリストラした会社社長の娘をさらって身代金を要求しようとしている誘拐犯や昔の職場の同僚たちに見栄を張りたくて“レンタル彼氏”とパーティーに参加したOL。同窓会で久しぶりに再会し、雨にかこつけて立ち寄った主婦と中年会社員…など。

 毎話、やって来ては去っていく彼らを見送る鬼怒川サヨ子(余)はお客が入る前の部屋を掃除し、彼らが去った後、ラブホならではのグッズが散乱している部屋で、あれこれ想像や妄想を膨らませながら片付ける…という個性的な役柄。妄想後は“ラブホ川柳”も披露するということで、ベテラン女優・余によるコミカルかつ大胆な演技も期待できる。

 オファーを受け「ラブホと聞いて、最初はこの歳でどんなアブノーマルな役かしら、と楽しみだったのですが、掃除のおばさんでした」と茶目っ気たっぷりに語る余は「ラブホという秘密の花園の密室で行われる様々な人生ドラマ、そこに共感してくださると、私が演じるサヨ子としてはうれしい限りです」と呼びかけている。



オリコントピックス