• ホーム
  • 芸能
  • 2.5次元俳優・鈴木拡樹、番組MC初挑戦 テレビ観て勉強中「さんまさんはすごい」

2.5次元俳優・鈴木拡樹、番組MC初挑戦 テレビ観て勉強中「さんまさんはすごい」

 WOWOWで3月にスタートする新番組『2.5次元男子推しTV』の第1回放送(3月25日 後6:30)に向けた公開収録が都内で2月28日、行われた。番組のMCを務めるのは2.5次元作品に多数出演する俳優の鈴木拡樹。ゲストに、俳優仲間の椎名鯛造を招き、自身初となる番組MCに挑戦した。

 漫画、アニメ、ゲームなど“2次元”の作品を原作・原案に、その世界観を“3次元”の演劇で表現する“2.5次元”舞台・ミュージカル。鈴木は「普段は、舞台に立ってお芝居をして、作品を通して2.5次元の、演劇の楽しみを届けているのですが、芝居をしている人たちがどういう人間なのか、というところから興味を持っていただく、そういう方法もあるなと思いました。自分のことやゲストの俳優さんたちのことを知ってもらい、実際に足を運んでいただく力に変えていければ。そんな意気込みで臨んでいます」とやる気満々。

 同局の加入者は、ドラマや映画、スポーツに興味のある人たちといえるが、「番組自体がそういう方へのメッセージでもある。2.5次元に興味ない方も観るということを考えていかないといけないので、バラエティー番組などを観て勉強中です」。あこがれのMCとして明石家さんまの名を挙げ、「構成にこだわられているし、番組ってこうやって作られているんだなぁ」と気づくこととも多いという。

 初めての番組収録を滞りなく終えた鈴木は、「お客さんが生で反応してくださって、舞台に近い感じでしたが、多くのことを勉強させていただきました。今回は、自分の素顔をひも解く感じになっていますが、次回からはゲストの素顔に迫っていきます。どんな方なのか興味を持って、突き進んで行こうと思います」と話していた。

 番組は全6回、月1回放送予定。ゲストの休日に密着し、舞台上では見ることのできない俳優たちの人柄、“素顔の魅力”を伝えるVTRを交えてトークを展開する。第1回の放送では、鈴木が生まれ育った地元、大阪府堺市への帰郷に密着した。さらに、役者としてのステップアップを目指して、毎月鈴木が取り組むレギュラーコーナーもある。



関連写真

  • (左から)鈴木拡樹、椎名鯛造 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)鈴木拡樹、椎名鯛造 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス