• ホーム
  • 芸能
  • お笑い賞レース覇者3組が『たけしのエンタメ賞』日本芸能賞受賞

お笑い賞レース覇者3組が『たけしのエンタメ賞』日本芸能賞受賞

 昨年のR-1ぐらんぷり覇者・ハリウッドザコシショウ、キングオブコント覇者・ライス、M-1グランプリ覇者・銀シャリが、ビートたけしが審査委員長を務める『第17回ビートたけしのエンターテインメント賞』の日本芸能賞を受賞し26日、都内で行われた授賞式に出席。たけしが見守る中でネタを披露した。

【写真】その他の写真を見る


 毎年、芸人がネタを披露し、授賞式の雰囲気に飲まれるのが“恒例”となっている同授賞式。今年、トップバッターとして登場したのはライスだったが、キングオブコント王者の実力を見せられず、予定時間より短くネタを終えた。続く銀シャリは「M-1よりネタ合わせした」という宣言通りにしっかり漫才を見せると、橋本直は「(ライスは)だいぶ早炊きでしたね。コメが立ってなかったし、ベチャベチャ。俺らは粒立ってたけどね」とご満悦だった。鰻和弘もたけしの印象について「けっこうデカいんですね。厚みがある」とオトボケ回答すると橋本からキツくツッコミを入れられていた。

 格の違いを見せたのはザコシショウ。昨年のR-1で披露した誇張しすぎる物まねを臆することなく見せつけ、会場の薄いリアクションも気にせずネタを完遂。「お笑いを始めたきっかけはたけしさん。小学校のときに『俺たちひょうきん族』を見て、これしかないと思った」とたけしの影響を強く受けたことを語った。

 司会のガダルカナル・タカから「世の中にばらまいたいろんな遺伝子がこういう形で新しい芽として出てきた」と振られると、たけしは「突然変異ってあるんだな」とただ苦笑い。それでもザコシショウは「こんな芸風なので賞をいただけるなんて思ってもみなかったこと。どーも、ありがとうございましたー」と最後までボケて感謝していた。

■『第17回ビートたけしのエンターテインメント賞』
男気賞:黒田博樹
特別賞:稀勢の里
話題賞:ピコ太郎平野ノラRADIO FISH
激励賞:柴田英嗣狩野英孝
努力賞:三遊亭円楽
日本芸能賞:ハリウッドザコシショウ、ライス、銀シャリ
日本芸能特別賞:林家正蔵
日本芸能大賞:桂文珍
カムバック&激励賞:ベッキー



関連写真

  • 「第26回東スポ映画大賞授賞式」の模様(前列左から)樋口真嗣監督、林家正蔵、桂文珍、三浦友和、ビートたけし、宮沢りえ、綾野剛、菅田将暉、中原丈雄(後列左から)出目宏、ライス【田所仁・関町知弘】、ハリウッドザコシショウ、ベッキー、杉咲花、銀シャリ【鰻和弘、橋本直】、太田和宏、後藤裕美
  • 「第17回ビートたけしのエンターテインメント賞」で話題賞を受賞したピコ太郎(右)と審査委員長のビートたけし (C)ORICON NewS inc.
  • 「第17回ビートたけしのエンターテインメント賞」でカムバック&激励賞を受賞したベッキー(右)と審査委員長のビートたけし (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス