• ホーム
  • 芸能
  • ビートたけし、ピコ太郎の戦略を絶賛「勢いが衰えていない」

ビートたけし、ピコ太郎の戦略を絶賛「勢いが衰えていない」

 「ペンパイナッポーアッポーペン」(PPAP)で世界を席巻した、千葉県出身シンガー・ソングライター「ピコ太郎」が、ビートたけし(70)が審査委員長を務める『第17回ビートたけしのエンターテインメント賞』の話題賞を受賞し26日、都内で行われた授賞式に出席。憧れのたけしを前にして「プロデューサーの古坂大魔王さんは、たけしさんに憧れて、青森でオールナイトニッポンのテープを毎週録って、津軽弁を直すために『バカヤロー! コノヤロー!』ってマネをしていました」と思いを打ち明けた。

【写真】その他の写真を見る


 幼い頃からのスターを前に「本当に、何があるかわかりません…」と昨年からの大ブレイクを感慨深げに語りながら、独特な空気が漂う中で渾身の「PPAP」を披露。たけしは、ネタを見終えると「浅草のホッピーが大好きなおじさんみたい(な見た目)だけど、全盛期のトニー谷さんを思い出すね。あの頃のトニー谷さんもジャズやなんかを使って、画期的な部分でやっていたから、現代のトニー谷だね。うれしいのかどうかわかんないけど」と評価した。

 PPAPを微妙にアレンジしたり、新曲を用意したりと、ピコ太郎の周到な“一発屋対策”についても「最近は1年持たない人が多いけど、ピコ太郎さんはジャンジャン変えてきているから、テレビの露出とCMなんか見ていると勢いが衰えた感じがしないんだよね」と絶賛。「このまま新しい部分、SNSという新しい分野でもっと行ってほしいな」と期待を寄せていた。

■『第17回ビートたけしのエンターテインメント賞』
男気賞:黒田博樹
特別賞:稀勢の里
話題賞:ピコ太郎、平野ノラRADIO FISH
激励賞:柴田英嗣狩野英孝
努力賞:三遊亭円楽
日本芸能賞:ハリウッドザコシショウライス銀シャリ
日本芸能特別賞:林家正蔵
日本芸能大賞:桂文珍
カムバック&激励賞:ベッキー



関連写真

  • 「第17回ビートたけしのエンターテインメント賞」で話題賞を受賞したピコ太郎(右)と審査委員長のビートたけし (C)ORICON NewS inc.
  • 「第26回東スポ映画大賞授賞式」の模様(前列左から)樋口真嗣監督、林家正蔵、桂文珍、三浦友和、ビートたけし、宮沢りえ、綾野剛、菅田将暉、中原丈雄(後列左から)出目宏、ライス【田所仁・関町知弘】、ハリウッドザコシショウ、ベッキー、杉咲花、銀シャリ【鰻和弘、橋本直】、太田和宏、後藤裕美
  • 「第17回ビートたけしのエンターテインメント賞」でカムバック&激励賞を受賞したベッキー(右)と審査委員長のビートたけし (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス