• ホーム
  • 芸能
  • 藤原竜也 VS 中村獅童、直接対決へ 勝つのはどっち?

藤原竜也 VS 中村獅童、直接対決へ 勝つのはどっち?

 NHK総合で放送中の大河ファンタジー『精霊の守り人 悲しき破壊神』(毎週土曜 後9:00、全9回)。きょう25日放送の第6回「帝国の牙」では、カンバル王ログサム(中村獅童)が新ヨゴ国の帝(藤原竜也) のもとに乗り込んできて、2人の王が直接対決する展開。一方、新ヨゴ国の皇太子・チャグム(板垣瑞生)は世界を混乱に巻き込む超大国・タルシュ帝国で、王子ラウル(高良健吾)に謁見。新ヨゴ国をめぐる「戦国時代」がいよいよ本格化する。

【写真】その他の写真を見る


 カンバル王は、兄を暗殺して王位を奪った男。その陰謀にバルサ(綾瀬はるか)の父親を巻き込み、口を封じた。バルサにとっては父親の仇(かたき)だ。新ヨゴ国の帝もかつて、精霊の卵を宿した息子のチャグムを亡きものにしようとした。今シーズンも魔物を退治した英雄として、民の支持を集めるチャグムを疎み、タルシュ軍に囚われたと聞いても無視、殺してくれたら幸いと思っている。どちらが勝っても負けてもかまわないくらい、けっこうな人でなしだが、割を食うのはその国の民たちだ。そんな一筋縄ではいかないキャラクターを藤原と獅童が熱演している。

 タルシュ帝国の都に着いたチャグムは、圧倒的な国力の差を目の当たりにすることになる。ラウルから「国を滅ぼしたくなければ父を殺してお前が帝になれ」とけしかけられたチャグムはもちろん抵抗するが…。そこにチャグムの命の恩人ヒュウゴ(鈴木亮平)が縛られた状態で連行されてくる。このラウル VS チャグムの戦いはシーズン3までもつれる。バルサもそこに巻き込まれていくことになるのだが、今回はいわばゴングが鳴る瞬間。タルシュ人のメイク・衣装や壮麗な宮殿など、強大な帝国を描くためにスタッフが総力をあげた斬新なビジュアルも見どころだ。



関連写真

  • 大河ファンタジー『精霊の守り人 悲しき破壊神』第6回より。2人の王が直接対決。新ヨゴ国の帝(藤原竜也) VS カンバル王ログサム(中村獅童)(C)NHK
  • 王子ラウル(高良健吾)に謁見したチャグム(板垣瑞生)は…(C)NHK
  • チャグムの前に縛られたヒュウゴ(鈴木亮平)が連れて来られる。(C)NHK
  • 大河ファンタジー『精霊の守り人 悲しき破壊神』タルシュ帝国のイメージボード(C)NHK
  • 大河ファンタジー『精霊の守り人 悲しき破壊神』タルシュ帝国(C)NHK
  • 大河ファンタジー『精霊の守り人 悲しき破壊神』タルシュ兵(C)NHK
  • 大河ファンタジー『精霊の守り人 悲しき破壊神』第6回より。カンバル王ログサム(中村獅童)(C)NHK
  • 大河ファンタジー『精霊の守り人 悲しき破壊神』第6回より。新ヨゴ国の帝(藤原竜也)(C)NHK
  • 大河ファンタジー『精霊の守り人 悲しき破壊神』第6回より。王子ラウル(高良健吾)に謁見したチャグム(板垣瑞生)は…(C)NHK
  • 大河ファンタジー『精霊の守り人 悲しき破壊神』第6回より。王子ラウル(高良健吾)に謁見したチャグム(板垣瑞生)は…(C)NHK
  • 大河ファンタジー『精霊の守り人 悲しき破壊神』第6回より。王子ラウル(高良健吾)に謁見したチャグム(板垣瑞生)は…(C)NHK

オリコントピックス