• ホーム
  • 芸能
  • 滝藤賢一以外は素人役者 テレ東の異色ドラマ『ベトナム1800キロ縦断旅』

滝藤賢一以外は素人役者 テレ東の異色ドラマ『ベトナム1800キロ縦断旅』

 俳優・滝藤賢一が主演するスペシャルドラマ『ハノイ発夜行バス、南下してホーチミン-ベトナム1800キロ縦断旅』が26日(後4:00〜5:15)、テレビ東京系で放送される。滝藤が演じるのは、勤続17年、40歳のサラリーマン・鈴木広太。10日間の有給休暇をもらい、家族で旅行しようと思ったら、妻は仕事、子どもはお稽古ごとで忙しく、「あなた一人でいってらっしゃい」と初めて海外へ一人旅をすることに。ベトナムで暮らすリアルな人々が出演し、いまのベトナムを切り取る虚実ないまぜのロードムービー。

【写真】その他の写真を見る


 「ベトナム縦断?絶対やります! 1秒で返事しました。主役は無条件で受けさせていただく私ですが、ベトナムを縦断できるなんて…まるでご褒美をいただいた気分」で、日本を出発。首都ハノイからホーチミンまで、長距離バスと鉄道を使い1800キロを縦断する。訪れた時期は旧正月「テト」。休みの少ないベトナムの人にとって家族と過ごせる一番幸せな時期だ。

 「仕事という意識が皆無な自分が恐ろしいです(笑)。危ない危ない…」と気を引き締めてベトナムに降り立った滝藤は、日本と違う金銭感覚に頭を抱え、ベトナム戦争を知り、昔ながらの漁村で南シナ海の海の幸を食べて…。

 「ベトナムならではのトラブルがありながらも(出演者のドタキャン、予定どおりに出発しない、到着しないなど)、全てがいい方向に向くという奇跡の連続! 最小限の人数で巡ったベトナム縦断は、とてもすてきなチームで、ドラマか、ドキュメンタリーか、ただのプライベートな旅なのか、錯覚するほどでした。楽し過ぎて未だに、ベトナムの余韻が抜けません」と振り返る。よほどのことに、「今後も、主人公の鈴木公太が世界中を旅することを切に切に願っています!」と第2、第3弾に期待を寄せた。

 瀧川治水プロデューサー(テレビ東京 制作局制作番組部)は「制作スタッフ2台のカメラを駆使してドキュメンタリーのような瑞々しいカメラワークでベトナムの臨場感を伝えてくれます。出演しているのは現地の生の素人役者さん。素顔なのか芝居なのかわからない微妙な表現をしてくださる滝藤さんの40男の本音が全編にほとばしっています。現代ならではの新しい感覚の旅ドキュメンタリードラマの誕生です。これを観たらすぐ一人旅がしたくなると思います」と語り、仕上がりも上々のようだ。



関連写真

  • テレビ東京系『 ハノイ発夜行バス、南下してホーチミン-ベトナム1800キロ縦断旅』2月26日放送。主演は滝藤賢一(C)テレビ東京
  • リアルなベトナム ロードムービー(C)テレビ東京
  • ベトナムで暮らすリアルな人々が出演し、いまのベトナムを語る(C)テレビ東京
  • テレビ東京系『 ハノイ発夜行バス、南下してホーチミン-ベトナム1800キロ縦断旅』2月26日放送。主演は滝藤賢一(C)テレビ東京

オリコントピックス