• ホーム
  • 芸能
  • 剛力彩芽とバトル 山口紗弥加、安達祐実ら女囚6人のキャスト発表

剛力彩芽とバトル 山口紗弥加、安達祐実ら女囚6人のキャスト発表

 女優の剛力彩芽が主演するテレビ朝日系金曜ナイトドラマ『女囚セブン』(4月スタート、毎週金曜 後11:15※一部地域で放送時間が異なる)で、し烈なマウント合戦を繰り広げる女囚キャストが明らかになった。山口紗弥加トリンドル玲奈平岩紙橋本マナミ木野花安達祐実の6人。「とにかくキャラが濃い」(剛力)という女囚たちの横顔は?

 剛力演じる京都の芸妓・神渡琴音が“殺人罪”という無実の罪をかぶり、女子刑務所へ。そこで待ち受けていたのは、アクの強い女囚たちから壮絶なイジメ。

 山口が演じる楠瀬司は、政治資金規正法違反及び詐欺罪で服役している、謎多き政治秘書。宝塚の男役のような仕草がかっこいい男装の麗人。あだ名は“ヅカ”。極度の潔癖症。トリンドルが演じる市川沙羅は、DV夫を殺した元ヤンのシングルマザー。最年少だが、刑務所歴はかなり長いため、新入りである琴音いじめも率先して主導する。キレると怖い。

 平岩が演じる津田桜子は、遺産目当てで男を殺してきた後妻業の女。無期懲役で服役中だが、獄中でも自分磨きに余念がない勘違いナルシスト。橋本が演じる矢島千鶴香は、不倫の末に患者を殺した全身整形サイボーグ看護師。異常なまでにひがみっぽく、被害妄想癖があるヒステリックな“ネガティブモンスター”。

 木野が演じる平塚うめは、雑居房(共同室)内で最高齢。老老介護に耐え切れず夫を殺してしまった。琴音いじめにも関与せずに粛々と労務をこなす。そして、安達が演じる坂本奈津は、無銭飲食を繰り返す、刑務所ナンバー1の情報屋。琴音が入所してきたときはルールを教えるなど、あれこれ世話を焼く。しかしその優しさは実はすべてうそで、琴音を陥れようと裏で暗躍する。

 “刑務所”というある種の密室で、さまざまなドラマ・映画で活躍する女優たちが剛力にどんないじめを仕掛けるのか。ただ、今回の主人公はやられるばかりではない。「えらいすんません、かんにんしとくれやす」と捉えどころのない感じでかわし、何ならシレッと仕返しする。力づくで来た相手には、合気道でスルリとかわす。おバカなふりをして、実は腹黒くしたたか。そんな7人が毎週どのようなマウント合戦を繰り広げ、トップに君臨するのは誰か。

 剛力は「みなさんがどんなお芝居をされるんだろう、と今から楽しみで仕方ないです! わたしもみなさんに負けないように頑張らないと!」と決意を新たにしている。



オリコントピックス