• ホーム
  • 芸能
  • “奪い愛”メンバーが笑顔でクランクアップ「開放感が半端ない」

“奪い愛”メンバーが笑顔でクランクアップ「開放感が半端ない」

 “衝撃の展開”で話題のテレビ朝日系ドラマ『奪い愛、冬』(毎週金曜 後11:15※一部地域を除く)が先日、クランクアップ。倉科カナ三浦翔平水野美紀大谷亮平秋元才加が都内のロケ現場で取材に応じた。今カレと元カレの間で揺れる主人公・池内光を熱演した倉科は「開放感が半端ないです!」とスタッフから贈られた花束もかすむほどの(!?)、大輪の笑顔を咲かせた。

【写真】その他の写真を見る


 同ドラマは、光(倉科)とその婚約者・奥川康太(三浦)、元カレ・森山信(大谷)、信の妻・森山蘭(水野)の男女4人を中心に、康太に思いを寄せる豊野秀子(秋元)らメインキャラクターのすべてが激しい嫉妬と愛の炎を燃やす物語。

 倉科は「ニュートラルに(光を見つめたとき)、こんなに自分の心が受け付けない役は初めてでした(笑)。と同時に、奪い合うという行為は、みんなが不快だと思う部分に触れていくものなんだな、とも学びました。私の女優人生をいい意味で壊してくれたドラマでした」と、感無量な様子。

 嫉妬でどんどん壊れていく康太を演じ、これまでのイメージを一新させた三浦は「いろいろ大変なこともありましたが、皆さんに支えられて最後まで演じきることができました。この作品を通して、僕の中でまた1個、扉が開けたと思います」と、充実感をにじませた。

 「み〜つけた」「ここにいるよ〜」などの数々の名言(?)で視聴を恐怖と笑いで震え上がらせた水野は「個人的にはとっても楽しく、のびのびと演じさせていただきました。しばらくのんびりしたいな、と思います」と、劇中では封印し続けた“清々しい笑顔”を浮かべていた。

 大谷は「本当に内容の濃いドラマで、自分なりに(非日常を)疑似体験できた感じで、とても楽しめました」、秋元は「このような役は初めて。作品を通して、いろんな根性が座って、たくましくなれた気がします(笑)」と振り返っていた。

 3月3日の放送が最終回。病で余命わずかであることが判明した信は? 康太に重大な秘密を暴露された蘭は? 毎回、あっと驚く展開を見せてきたが、誰にも予想がつかないような(!?)大どんでん返しが待ち受けている。



関連写真

  • テレビ朝日系ドラマ『奪い愛、冬』メインキャストが笑顔でクランクアップ(C)テレビ朝日
  • テレビ朝日系ドラマ『奪い愛、冬』メインキャストが笑顔でクランクアップ(C)テレビ朝日

オリコントピックス