• ホーム
  • 芸能
  • 田中麗奈、悪女役で新境地 「なっちゃん」から20年目の今

田中麗奈、悪女役で新境地 「なっちゃん」から20年目の今

 怖い、とにかく怖い。でも、引きつけられる。東海テレビ・フジテレビ系連続ドラマ『真昼の悪魔』(毎週土曜 後11:40〜深0:35)で、主演の田中麗奈(36)が怪演を見せている。見た目は“女神”のようで、技能も優秀な田中演じる美人外科医の大河内葉子が、悪のスイッチが入ると、残虐な事件を巻き起こし“悪魔”の部分をかいま見せる様子が、視聴者の間で話題となっている。その反響は、本人の耳にも届いているようで「いやー『怖い!怖い!』って言われます。ここまでの人って、なかなか存在しないと思うんで、演じることができて本当に幸運です」と声を弾ませた。

【写真】その他の写真を見る


■キレッキレの怪演に「夫も笑っています」 外見の役作りに込めた思いとは?

 同ドラマは、1980(昭和55)年に発表された遠藤周作の医療ミステリー小説が原作。自分だけでなく、他人の潜在的な悪を引き出していくという自身の役どころを「彼女自身、すごく手口がある。相手の持っている悪っていうものを育てたり、気付かせたりとか、自分だけが手を加える訳ではなくて、遠隔操作もしている。まさに“悪影響”ですね」と茶目っ気たっぷりに説明する。「おだてる、褒める、もちろんけなしたり、いたぶったり、いろいろなバリエーションあって、どういうアプローチをしていこうかなって考えるのが、すごく楽しくて、飽きないです」と“悪役”に手応えを感じているようだ。

 プライベートでは、昨年2月に、かねてより交際していた一般男性と結婚したが、夫の職業である“医師”役は意外にも今回が初挑戦。何らかのアドバイスがあったのかと思いきや「葉子は、注射器を痛める武器にしているわけですから、参考にならないですよね…」と苦笑い。それでも、一緒にドラマを観ているようで「笑っていますよ。怖いと、逆に笑っちゃうことあるじゃないですか? そんな感じです。お腹にパンチしたりするシーンも爆笑していましたし、怖さを楽しんでいるみたいで『面白いね』と言ってくれますね」と笑顔で明かした。

 共演者たちも「次は、自分が葉子に殺されるんじゃないか?」とドキドキしながら、各話の台本のページをめくるほど、予測できない葉子の言動。そんな“悪女”を演じきるために、細かい部分の演出にもこだわっている。「例えば、最初は仕事用とプライベート用で靴を分けていたんですけど、3話で悪のブレーキがなくなった時に、そこの境界線がなくなっていくので、実は病院でも高いヒールを履いているんです。あと、病院では死をイメージするから、黒は着ない色だと夫から聞いたので、4話あたりからは逆に黒をたくさん使っています(笑)。そういう視覚的な部分からも、彼女の変化を伝えていけたらと思いながらやっています」。

■撮影現場に手作りおにぎり50個! 悪女役での新境地「うれしい」

 作品の中では無慈悲な行動で視聴者を震え上がらせる田中だが、ひとたびカットがかかれば“天使”そのもの。先日も、厳しい寒さの中で撮影をこなすキャストやスタッフをねぎらうため、クレープとコーヒーを現場に差し入れした。「皆さん、喜んでくれていたので、良かったです。やっぱり、寒い時に温かい飲み物と甘いものがあると心がほっこりしますよね」。別の現場では、過密なスケジュールで食事をする暇のない状況を察知して、おにぎり50個を握って持って行ったこともあったという。「食堂とかに食べに行く時間がないということだったので…ミネラルも必要だと思って、ひじきご飯にしました。3合を2回くらい炊きましたね。だから、本当は今回の現場にも50個握って行きたいくらいなんです!」。

 周りの状況を冷静に見渡しながら、積極的に行動する性格は幼少期からのもの。5歳の時にテレビで、同郷・福岡県出身の役者やアーティストたちが活躍している姿を観て「自分もこうなりたい、こうなるんだ」と決意。中学卒業と同時に上京することを夢見ていたことから、中学生の時にはオーディション雑誌を買っては、東京にある芸能事務所に自ら電話をかけていたという。「どうやったら入れるのかみたいなことを電話して聞くんですけど、その時に私がすごく訛(なま)っていたみたいなんですね。それで『あなた、まず訛りを取りなさい』って言われて…それは、すごくショックでしたね(笑)」。

 こうした努力が実を結び、高校在学中の1998年には映画『がんばっていきまっしょい』で主演の篠村悦子役に抜てき。同年には、清涼飲料水「なっちゃん」の初代CMキャラクターに選ばれ、一躍注目を集めた。同CMの「舞台」篇では、鳴り止まないカーテンコールでの「なっちゃん」大合唱を前に、先輩女優役の加賀まりこから「なっちゃん、あなたの名前でしょ」と後押しされ、客前に出ていく演出が何とも印象的だったが、あれから約20年の月日が流れ、今のドラマでは自分が“座長”として撮影現場を引っ張る立場となった。

 女優としてのキャリアを着実に積み上げている田中だが、本人はいたって謙きょ。「座長として『みんな行くぜ、イエーイ!』みたいな、引っ張って行くぜっていうタイプではないので、皆さんが現場でストレスなく、楽しく、穏やかに健康でいてくれたらいいなっていう気持ちでいますね」。これからも、努力と行動力で駆け上がっていくのみだ。「今回『真昼の悪魔』をやらせていただいて、皆さんが『新しい田中麗奈を見た』っておっしゃってくれていて。そういう新しい印象があるならば『次は、こういう役をやらせてみよう』ってつながっていけば、うれしいです」。5歳の頃から憧れていた女優になって、およそ20年。田中麗奈は、いまだに進化を続けている。



関連写真

  • 「なっちゃん」から20年…悪女役で新境地を開いている田中麗奈 (C)ORICON NewS inc.
  • 東海テレビ・フジテレビ系連続ドラマ『真昼の悪魔』に出演中の田中麗奈 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス