• ホーム
  • 芸能
  • 舞台『23階の笑い』再演決定 入山法子が参戦「アウェイという緊張感も」

舞台『23階の笑い』再演決定 入山法子が参戦「アウェイという緊張感も」

 ジャニーズJr.の4人組・ふぉ〜ゆ〜が出演し、昨年末初演した舞台『23階の笑い』の再演が決定し、女優の入山法子(31)が参加することが24日、わかった。入山は「再演ということで私だけアウェイという緊張感もありますが、あちこちにジョークが散りばめられた膨大な量の言葉が飛び交う世界に、心が弾んでおります」と力を込める。

 同作は、ニール・サイモンが若かりしころに放送作家として実際に参加していたアメリカのテレビ局NBCの90分バラエティー番組『ユア・ショウ・オブ・ショウズ』の舞台裏をモチーフにしたドタバタ劇を描くコメディー作品。演出は錦織一清が務め、ふぉ〜ゆ〜(福田悠太越岡裕貴辰巳雄大松崎祐介)、じろうシソンヌ)、長谷川忍(シソンヌ)、立花瑠菜、なだぎ武らが出演する。

 「アウェイという緊張感もあります」と話す入山だが「会話のすき間や余白にも見どころがたくさんあると思うので、私らしいキャロルを演じられればと思います」と意気込み。「初めて外国人に身を貸します。公演初日までには自然に『オーマイガー』と言えるように、精一杯頑張りたいと思います(笑)」と茶目っけたっぷりにコメントしている。

 4月27日から5月7日まで、東京・博品館劇場で上演し、その後、名古屋公演(5月9日〜11日)、福岡公演(5月13日・14日)、大阪公演(5月17日〜19日)を予定している。



オリコントピックス