• ホーム
  • 芸能
  • 杉咲花、『メアリと魔女の花』ヒロイン役声優に ジブリ退社後の米林宏昌監督と2度目タッグ

杉咲花、『メアリと魔女の花』ヒロイン役声優に ジブリ退社後の米林宏昌監督と2度目タッグ

 女優の杉咲花が、米林宏昌監督のアニメ映画『メアリと魔女の花』(7月8日公開)のヒロイン・メアリ役の声優を務めることが23日、わかった。2014年末にスタジオジブリを退社した米林監督の新拠点・スタジオポノック制作第1回長編となる同作。ヒロイン役への起用に杉咲は「タイトルにも自分の名前である“花”という言葉が入っていることも嬉しかったですし、運命的なものを感じました」とコメントしている。

【写真】その他の写真を見る


 杉咲は、米アカデミー賞ノミネート作となった米林監督の『思い出のマーニー』(2014年)で第3のヒロイン・彩香役で声優を務めていた。当時16歳の杉咲は、米林監督に「一番好きなジブリ作品は、米林監督の『アリエッティ』なんです」と話しており、それを覚えていた西村義明プロデューサーが米林監督に提案し、今回の起用が実現した。杉咲にとっては2度目の米林作品への参加になる。

 同作は、7年に一度しか咲かない、魔女の国から盗み出された禁断の“魔女の花”を手に入れたメアリが、雲海にそびえ立つ魔女の国へ飛び立つ冒険ファンタジー。今年の夏休み映画のなかでも最大の注目作となっている。杉咲はそんな大作への起用に対して「子どものころから私と家族にとっては欠かせない存在だったジブリ作品の志を受け継いだ、スタジオポノックの長編アニメーション第1作目に携われることは、私にとって飛びっきりのサプライズでした」と喜ぶ。

 さらに、ジブリ作品のなかでも米林監督のデビュー作である『借りぐらしのアリエッティ』(2010年)の大ファンであることを明かし、「米林監督が描く、映画がはじまった瞬間のハッとさせられるような繊細で美しい映像と、観終わった後に“温かさ”がずっと残る、まるで魔法にかけられたような感覚になれるところが大好きです」とその魅力を語っている。

 西村プロデューサーによると「(『メアリと魔女の花』の)制作は順調に遅れていて本番のアフレコはまだ先」とのことだが、杉咲は「私が演じることになったメアリはすごく真っ直ぐで前向きな女の子です。メアリは決して器用な人ではないのですが、誰かのために一生懸命がんばろうとする姿はすごく魅力的だと感じました。きっと映画を観ていただいく方もメアリの愛らしい姿に心を揺さぶられるのではないかと思います。素敵な作品を、自信を持って皆様にお届けできるようにがんばります。メアリに“花”咲かせます!」と意気込んでいる。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



関連写真

  • ヒロイン役のメアリの声優を務める杉咲花。米林宏昌監督『思い出のマーニー』では第3ヒロイン・彩香役で参加していた(C)2017「メアリと魔女の花」製作委員会
  • メアリ
  • 魔女の花
  • 謎のツリーハウス
  • メアリ

オリコントピックス