• ホーム
  • 音楽
  • 船村徹さん通夜・告別式に2300人 不朽の名曲とともに旅立つ

船村徹さん通夜・告別式に2300人 不朽の名曲とともに旅立つ

 今月16日に心不全のため、84歳で亡くなった作曲家・船村徹(本名・福田博郎=ひろお)さんの葬儀・告別式が23日、東京・護国寺の桂昌殿でしめやかに営まれた。きのうの通夜と合わせて約2300人が参列し、生前に数々の名曲を残してきた船村さんとの別れを惜しんだ。

【写真】その他の写真を見る


 祭壇は故郷・栃木の雪をかぶった日光連山とお花畑をイメージしたもので、その上には船村さん直筆による、美空ひばりさんの楽曲「みだれ髪」歌い出し部分の譜面を模したオブジェを設置。この日、弟子代表として弔辞を読んだ歌手の鳥羽一郎(64)は「2月16日、親父の魂は俺の体の中に入りました。生涯一緒です。一緒に歌っていきます。俺はそう覚悟を決めました」と呼びかけた。

 囲み取材に応じた、歌手の伍代夏子(55)は「20年くらい先生の歌を歌いたいと思っていて、この間やっと叶ったと思った矢先のことでしたので、本当にびっくりでしたし、悲しかったです」とうつむきながらも「いただいた歌を大きな歌にして、恥ずかしくないように歌い残していきたい」と誓った。

 喪主を務めた、長男で作曲家の蔦将包(つた・まさかね)氏は出棺を前に「最後まで船村流を貫き通して、太く長く人生を送れたと思っています。本当に長い間、皆さまありがとうございました」と別れのあいさつ。その後、鳥羽をはじめとした門下生たちが棺をかつぐと、船村さんへの思いが込められた鳥羽の「師匠(おやじ)」を全員でしみじみと歌い上げた。

 1955年に発売された、春日八郎さんの「別れの一本杉」のBGMが流れる中、多くの参列者に見送られながら出棺。最後まで“音楽”に囲まれながら天国へと旅立っていった。



関連写真

  • 船村徹さんの告別式がしめやかに (C)ORICON NewS inc.
  • 船村さんを追悼した伍代夏子 (C)ORICON NewS inc.
  • 鳥羽一郎らによって出棺
  • 出棺の模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 告別式で弔辞を読み上げた鳥羽一郎 (C)ORICON NewS inc.
  • 船村徹さんの告別式がしめやかに (C)ORICON NewS inc.
  • 祭壇前には、葉巻、ウィスキー、遺作となった「都会のカラス」直筆譜面が飾られた (C)ORICON NewS inc.
  • 船村徹さんの告別式がしめやかに
  • 鳥羽一郎らによって出棺
  • 船村徹さんの告別式がしめやかに
  • 鳥羽一郎らによって出棺
  • 鳥羽一郎らによって出棺
  • 船村徹さんの告別式がしめやかに
  • 船村徹さんの告別式がしめやかに
  • 告別式で弔辞を読み上げた鳥羽一郎
  • 告別式で弔辞を読み上げた鳥羽一郎
  • 船村徹さんの告別式がしめやかに
  • 船村徹さんの告別式がしめやかに
  • 船村徹さんの告別式がしめやかに
  • 船村徹さんの告別式がしめやかに
  • 船村徹さんの告別式がしめやかに
  • 船村徹さんの告別式がしめやかに
  • 船村徹さんの告別式がしめやかに
  • 船村徹さんの告別式がしめやかに
  • 船村徹さんの告別式がしめやかに
  • 船村徹さんの告別式がしめやかに

オリコントピックス