• ホーム
  • 芸能
  • 『ワタナベお笑いNo.1』優勝はロッチ “2本目のジンクス”に打ち勝つ

『ワタナベお笑いNo.1』優勝はロッチ “2本目のジンクス”に打ち勝つ

 ワタナベエンターテインメントの中で一番面白い芸人を決める、AbemaTV presents『ワタナベお笑いNo.1決定戦2017 決勝』が23日、東京・新宿明治安田生命ホールで開催され、お笑いコンビ・ロッチが優勝した。自ら「賞レースは苦手」「2本目のネタに弱い」と自虐していたジンクスに打ち勝ち、賞金200万円を手にした。

【写真】その他の写真を見る


 昨年の前大会は総勢233組433名が参加し、笑撃戦隊が初代王者に輝いた。第2回となる今回は、厳選された104組194名が参戦。きょうの決勝には【Aグループ】に我が家、プリンセス金魚、サンシャイン池崎、Aマッソ、【Bグループ】にアンガールズ、笑撃戦隊、あばれる君、バッドナイス、【Cグループ】にロッチ、ゴールデンエイジ、アントワネット、ブルゾンちえみ(ブリリアン扮するwith Bと登場)を振り分け。各グループを勝ち上がったサンシャイン池崎、笑撃戦隊、ロッチが最終決戦に進んだ。

 1本目、中岡創一が催眠術師に扮するネタを披露したロッチは、コカドケンタロウが「賞レースが苦手というか。2本目絶対すべるんですよ」と不安を吐露。最終決戦進出が決定してからも「2本目ボクシングのネタなのに」と、『キングオブコント2015』での苦い経験を自虐して笑わせた。

 結局、2本目は中岡がダイエット番組の挑戦者としてビフォー写真を撮ろうとする…というコントを行い、見事ジンクスに打ち勝ったロッチ。大会後には「なんとなく今回は肩の力を抜きました」(中岡)と明かすほどリラックスして挑めたようで、コカドは「ブルゾンとかが優勝したほうがいいと思うけれど、僕らはコントが本職みたいなところがあるので、優勝できてよかった」と笑顔を見せていた。

 賞金はコントのために使用したいといい、2人そろって「『キングオブコント』で優勝したい」と次の目標に目を向けた。審査は、会場での観客審査に加えて、生中継された「AbemaTV」内の視聴率投票を実施した。



関連写真

  • 優勝を決めたロッチ (C)ORICON NewS inc.
  • サンシャイン池崎 (C)ORICON NewS inc.
  • ブルゾンちえみ (C)ORICON NewS inc.
  • バッドナイス (C)ORICON NewS inc.
  • 優勝の瞬間 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス