• ホーム
  • 芸能
  • 来春朝ドラ、ヒロイン“迷走”が鍵 脚本家&チーフPが明かす狙い

来春朝ドラ、ヒロイン“迷走”が鍵 脚本家&チーフPが明かす狙い

 2018年春から放送されるNHK朝の連続テレビ小説第98作が『半分、青い。』(月〜土 前8:00 総合ほか)に決定した。朝ドラ脚本に初挑戦する“恋愛の神様”北川悦吏子氏、制作統括の勝田夏子氏が22日、同局で行われた記者会見でヒロイン・鈴愛(すずめ)に込めた“狙い”を明かした。

【写真】その他の写真を見る


 朝ドラといえば、戦後の焼け跡の中で子ども服専門店を立ち上げるすみれ(『べっぴんさん』)や、菓子職人を目指す希(『まれ』)など、ヒロインが夢に向かって一直線に奮闘する姿が定番だ。

 しかし今作では、岐阜出身のヒロイン・鈴愛が漫画家になる大志を抱いてバブル期に上京するが、夢に破れ、シングルマザーとなって故郷に戻るなど、七転び八起きの人生を描く。やがて失敗こそが新しい発明の母となるモノづくりの世界にたどりつき、一大発明を成しとげるまで、高度成長期の終わりから現代にかけてのおよそ半世紀の物語を紡ぎ出していく。

 取材に応じた制作統括の勝田夏子氏は「失敗を重ねていく女性の話」と構想中のストーリーを明かす。失敗を繰り返し、先の見えない人生を送るヒロインの姿は“迷走”しているようにも見える。「実際に生きている人って一直線に生きていけない。その方(少し迷走した方)がリアルで、むしろ共感して観て頂けるものになるんじゃないかな。転換期を迎えた世の中では、経験したことのないような事態を迎えることが多い。そこで萎縮するのではなく、いろいろとチャレンジして道を切り開いていくことがいまこそ必要」と勝田氏。一人の女性のリアルな生き様が見どころになりそうだ。

 波乱万丈な半生を歩むヒロイン。その中でも特に大きい出来事が、小学生の時に病気で背負ってしまう“片耳失聴”のハンデキャップだ。劇中では病気に悩みながらも、両親や幼なじみの支えで乗り越えていく姿が描かれる。

 脚本の北川氏自身も数年前に左耳の聴力を失い、「落ち込んだりもしましたが、不謹慎かもしれないけど面白いなと思ったんです。傘をさしたら片方しか雨音が聞こえないとか、考えようによってはロマンチックなエピソードが思い浮かびやすい。例えば、必ずその人の左側に来ないと声が聞こえないとか、ドラマにしたらすてきに見える瞬間と、頑張らなきゃという瞬間がいいバランスで書けるんじゃないかな」と経験をバネに“北川ワールド”を膨らませる。

 会見冒頭は少し緊張気味だったが、初の朝ドラ脚本に「野心というか創作魂に火がついた」と気合十分の北川氏。「自分の人生をもう一回生き直すようなつもりで、書いています。私にもいろんなことがあって、経験してきたこと、感じてきたことをギュッと凝縮させて、物語にキラキラ光るようなリアルを流し込んでいけたら。熱をもって、書かせていただいています」と言葉に力を込めていた。

 同作は現在放送中の『べっぴんさん』、今春から放送の『ひよっこ』、今秋から放送の『わろてんか』に続いての放送となる。2018年4月2日から9月29日全156回を予定。今年秋にクランクインする。



関連写真

  • 2018春NHK朝ドラ『半分、青い。』に決定 脚本は北川悦吏子氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 2018春NHK朝ドラ『半分、青い。』に決定 脚本は北川悦吏子氏(左) (C)ORICON NewS inc.
  • 脚本を担当する北川悦吏子氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 2018春NHK朝ドラ『半分、青い。』で脚本を担当する北川悦吏子氏 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス