• ホーム
  • 芸能
  • 松下優也『べっぴんさん』“栄輔ロス”に恐縮「プレッシャーです」

松下優也『べっぴんさん』“栄輔ロス”に恐縮「プレッシャーです」

 ボーカル&ダンスグループ・X4のメンバーで、俳優としても活動する松下優也(26)が22日、都内で行われた映画『素晴らしきかな、人生』(25日公開)公開直前イベントに出席。NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』の栄輔役で一躍注目を集め、司会から「ディーン・フジオカさん、坂口健太郎さんに続く“栄輔ロス”現象が各所で叫ばれている」と人気ぶりを紹介された松下は「すみません、ありがとうございます。(ディーンらの)お名前を出されて、プレッシャーでしかないです」と恐縮した。

【写真】その他の写真を見る


 イベントでは赤いドレス姿の萬田久子(58)と共演し、気取らない関西弁でトークした松下。今年のバレンタインデーの話になると、「大変だった…って言いたいところですが、ちょうど朝ドラの現場で、女性キャストの方が全員に出してくれた分だけです」と苦笑。「普段は音楽活動をしているので、ライブがあったらもらえたと思う」と肩を落とし、「なんでですかね。今までで一番注目されているはずなのに、今までで一番少ない」と嘆いて笑わせた。

 作品にちなんで、“最近受けた愛”を聞かれると、朝ドラで共演する高良健吾とのエピソードを披露し、「高良さんは、先輩なのに後輩に気を使わせない。男らしくて、プライベートでも食事に連れて行ってもらうこともあるし、そういうところで先輩の愛も感じます」と話していた。

 同映画は、『プラダを着た悪魔』などのデヴィッド・フランケル監督が手がけたヒューマンドラマ。ウィル・スミスが主演し、愛する者を失い仕事も私生活も行き詰まった男が、クセのある舞台俳優たちとの交流を経て人生を見つめ直す。



関連写真

  • “栄輔ロス”に恐縮する松下優也 (C)ORICON NewS inc.
  • 愛について話す萬田久子(左)と松下優也 (C)ORICON NewS inc.
  • ゴージャスな赤いドレスの萬田久子=映画『素晴らしきかな、人生』公開直前イベント (C)ORICON NewS inc.
  • “栄輔ロス”に恐縮する松下優也=映画『素晴らしきかな、人生』公開直前イベント (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス