• ホーム
  • 芸能
  • 清水富美加が欠席 飯豊まりえ涙「同じ舞台に立つことができなくて残念」

清水富美加が欠席 飯豊まりえ涙「同じ舞台に立つことができなくて残念」

 女優の飯豊まりえ(19)が21日、都内で行われた映画『暗黒女子』(4月1日公開)の完成披露試写会に出席。同作で宗教団体『幸福の科学』へ出家した清水富美加(22)とW主演を務めた飯豊は、清水の欠席を受け「同じ舞台に立つことができなくて残念」と涙を流した。

【写真】その他の写真を見る


 イベント冒頭にはMCから「清水富美加さんは事務所側の申し入れにより欠席です」とアナウンス。飯豊は「やっと観ていただけるので素直に純粋に興奮しています」と間近に迫った公開に目を輝かせるも「富美加ちゃんはきょうここに一緒に立てなかったのはすごく残念。富美加ちゃんはどう思っているか分からないですけど、富美加ちゃんの人柄がすごく好きだし、『一緒に頑張ろうね』って言っていたので…」と思いを口に。

 平祐奈(18)からそっと肩を叩かれ励まされると「本当に富美加ちゃんも含め、みんなで一生懸命作りあげたのにはうそはないので、一人でも多くの人に届けられるように、今いるキャスト、耶雲(哉治)監督と映画の関係者の皆さんで届けていけるように頑張りたいと思います。よろしくお願いいたします」と呼びかけた。

 また、メガホンを取った耶雲監督も「彼女(清水)も澄川小百合という役を本当に真面目に考えてくれてどうすればこの映画が面白くなるか、どうすればもっとお客さんが喜んでくれるか、どうすれば驚いてくれるか考えてくれていて一緒に話しもした」と明かし「撮影現場でも積極的に演技プランとかアイディアを出してくれました」と清水の作品に対する姿勢を絶賛した。

 同作は秋吉理香子氏の同名ミステリー小説を実写映画化。聖母マリア女子高等学院で、全校生徒の憧れの存在・白石いつみ(飯豊)が、校舎の屋上から謎の転落死を遂げる。いつみから文学サークルの会長を引き継いだ親友の澄川小百合(清水)は「白石いつみの死」をテーマに部員たちが書いた物語を朗読する定例会を開催し、部員たちはそれぞれ「犯人」を告発する作品を発表していく裏切りのエンターテインメント。

 同映画においては、清水の出家騒動を受け、今月15日に共同配給の東映およびショウゲートが「映画 『暗黒女子』の4月1日(土)の公開予定に関しては、現状変更はございません」と報告していた。

 そのほか、清野菜名(22)、玉城ティナ(19)、小島梨里杏(23)、千葉雄大(27)、原作者の秋吉氏が出席した。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



関連写真

  • 飯豊まりえ (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)秋吉理香子氏、小島梨里杏、平祐奈、飯豊まりえ、玉城ティナ、千葉雄大、耶雲哉治監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『暗黒女子』完成披露試写会に出席した飯豊まりえ (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『暗黒女子』の完成披露試写会に出席した清野菜名 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『暗黒女子』の完成披露試写会に出席した玉城ティナ (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『暗黒女子』の完成披露試写会に出席した小島梨里杏 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『暗黒女子』の完成披露試写会に出席した平祐奈 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『暗黒女子』完成披露試写会に出席した飯豊まりえ (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『暗黒女子』完成披露試写会に出席した耶雲哉治監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『暗黒女子』の完成披露試写会に出席した(左から)小島梨里杏、平祐奈、飯豊まりえ、玉城ティナ、千葉雄大 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス