• ホーム
  • 芸能
  • 松本人志、事務所トラブル対策に「タレント組合を作ったほうがいい」と提案

松本人志、事務所トラブル対策に「タレント組合を作ったほうがいい」と提案

 ダウンタウン松本人志が19日、フジテレビ系『ワイドナショー』(毎週日曜 前10:00)に出演。女優・清水富美加が宗教団体・幸福の科学への出家を表明したことに始まる一連の騒動について理解を示しつつも、「このタイミングでの告白本は、彼女の味方だった人も離れていくんじゃないかな。幸福を科学できていない、彼女のサポートをしてやれてない気がする」と意見を述べた。

 松本は「このぐらいの時期の、このぐらいの子には、次から次に仕事が来て、これが終わったら次、次が終わったらその次、というわけにもいかなくて、仕事が重なりあってくるからここでやめるベストの時期って確かにない。契約が切れるまでがまんせい、といっても、契約が切れる前に(契約更新を前提に)次の仕事が入ってきて、『まあ、まあ、まあ』と言われてしまうと、大人相手には戦えないって思いますね。

 芸能界、まったく売れていないか、エグいくらい売れてないと、事務所を変えるとかできない。彼女はそのどっちにも該当していないから難しかっただろうなって思う」と語った後で、前向きな意見として、「タレントの労働組合みたいなものを作ったほうがいい」と提案した。

 若手の芸人たちから、仕事過多やギャラに関する不満を聞くたびに「その不満をなぜ直接、事務所に言わないのか、と僕は言うんです。すると『松本さんくらいになったら言えますけど、僕らは言えないですよ』と言い訳する。でも俺らは全く売れてないころから言ってたからね」と、相方の浜田雅功が率先してギャラ交渉していたことを明かした。

 アメリカにはすでに俳優らを守る組合が存在しているが、「芸能人の組合みたいなのを作って、そこを通じて交渉できるようにしていかないと、ダメだと思うんですよ。芸能界のクオリティーを高めるためにも、長い目で見たら(必要)。なんでもかんでも権利を主張すればいいってもんじゃないけど、そういうのあれば余裕できるし」と主張していた。

 社会学者の古市憲寿氏に「松本さんが率先して組合を作ったら?」と振られると、「どちらかというと、組合と戦う側の立場」といい、同じ事務所に所属する南海キャンディーズ・山里亮太らを驚かせていた。



オリコントピックス