• ホーム
  • 芸能
  • 指原莉乃、清水富美加の出家に理解示すも「本、出すの早いな」

指原莉乃、清水富美加の出家に理解示すも「本、出すの早いな」

 人気アイドルグループ・HKT48指原莉乃が19日、フジテレビ系『ワイドナショー』(毎週日曜 前10:00)に出演。女優・清水富美加が宗教団体・幸福の科学への出家を表明したことに始まる一連の騒動について意見を求められ、「いますぐ逃げたいと思った時に、こうするしかなかったんだなって思った」と、同情したというが、「本を出すまではそう思っていた。本、出すの早いな」と、告白本の出版に違和感も示した。

 指原は、バラエティー番組などで清水と共演した経験もあり、「頭のいい、立ち居振る舞いも上手で、女優なのにバラエティーも上手にやっている人だな、という印象」を持っていたという。

 「この件に関して無責任だと言う人が多く感じるけど、私はそう思っていなくて、芸能界をやめるのって難しいと思うんです。事務所どうこうではなく、私が(所属している)太田プロに『辞めたいです」といったとしても、『いやいや、ちょっと待って』と引き伸ばされてしまうと思う。『死にたい、いますぐ逃げたい』と思った時に、こうするしかなかったんだなって思う」と話した。

 ダウンタウン松本人志も「このぐらいの時期の、このぐらいの子には、次から次に仕事が来て、これが終わったら次、次が終わったらその次、というわけにもいかなくて、仕事が重なりあってくるからここでやめるベストの時期って確かにない。契約が切れるまでがまんせい、といっても、契約が切れる前に(契約更新を前提に)次の仕事が入ってきて、『まあ、まあ、まあ』と言われてしまうと、大人相手には戦えないって思いますね。芸能界、まったく売れていないか、エグいくらい売れてないと、事務所を変えるとかできない。彼女はそのどっちにも該当していないから難しかっただろうなって思うんですが…」と、理解を示したが、告白本についてはバッサリ。

 「このタイミングでの告白本は、彼女の味方だった人も離れていくんじゃないかな。幸福を科学できていない、彼女のサポートをしてやれてない気がする」と意見を述べていた。

 実際、指原も「ツイッターで、ぼんやり、ぼんやり、つぶやいていて、言いたいことがあるんだろうな事情があるんだろなって思っていたけど、本で言うんだ、とがっかりした」と反応していた。



オリコントピックス