• ホーム
  • 音楽
  • 船村徹さん通夜しめやかに 北島三郎、鳥羽一郎らが弔問

船村徹さん通夜しめやかに 北島三郎、鳥羽一郎らが弔問

 今月16日に心不全のため、84歳で亡くなった作曲家・船村徹(本名・福田博郎=ひろお)さんの通夜が、22日午後6時より東京・護国寺の桂昌殿でしめやかに営まれ、愛弟子の北島三郎鳥羽一郎ら多くの関係者や著名人が弔問に訪れた。

【写真】その他の写真を見る


 喪主は長男で作曲家の蔦将包(つた・まさかね)氏。祭壇は故郷・栃木の雪をかぶった日光連山とお花畑をイメージしたもので、その上には船村さん直筆による、美空ひばりさんの楽曲「みだれ髪」歌い出し部分の譜面を模したオブジェを設置。キク、バラ、カーネーションなど、約2万8000本の花が添えられた。

 戒名は「鳳楽院酣絃徹謠大居士(ほうらくいんかんげんてつようだいこじ)」。遺影には、2013年に出版された自伝『魂の響き―のぞみ』刊行にあたって撮影された写真が使用され、祭壇には船村さんが近年最も大切にしていたクラシックギターなどが飾られた。

 そのほかにも、舟木一夫、杉良太郎、細川たかし、山川豊(順不同)らが参列。葬儀・告別式は、あす23日の午前11時より同所で営まれる。

 1932年栃木県生まれの船村さんは、53年「たそがれとあの人」(福田博郎名義)で作曲家としてデビュー。56年、村田英雄さんの「王将」は戦後初のミリオンセラーを記録した。美空ひばりさんの「哀愁波止場」、島倉千代子さんの「東京だよおっ母さん」、北島三郎の「なみだ船」など約4500曲の作品を発表し、多くの歌手を育ててきた。昨年、文化勲章を受章した。



関連写真

  • 船村徹さんの通夜がしめやかに (C)ORICON NewS inc.
  • 祭壇前には、葉巻、ウィスキー、遺作となった「都会のカラス」直筆譜面が飾られた (C)ORICON NewS inc.
  • 近年最も大切にしていたクラシックギターも飾られた
  • 船村徹さんの通夜がしめやかに (C)ORICON NewS inc.
  • 昨年、文化勲章を受章=船村徹さんの通夜がしめやかに
  • 船村徹さんの通夜がしめやかに
  • 船村徹さんの通夜に参列した鳥羽一郎
  • 船村徹さんの通夜がしめやかに
  • 船村徹さんの通夜がしめやかに
  • 船村徹さんの通夜がしめやかに
  • 船村徹さんの通夜がしめやかに
  • 船村徹さんの通夜がしめやかに
  • 船村徹さんの通夜がしめやかに
  • 船村徹さんの通夜がしめやかに
  • 船村徹さんの通夜がしめやかに
  • 船村徹さんの通夜がしめやかに
  • 船村徹さんの通夜がしめやかに
  • 船村徹さんの通夜がしめやかに
  • 船村徹さんの通夜がしめやかに
  • 船村徹さんの通夜がしめやかに
  • 船村徹さんの通夜がしめやかに
  • 船村徹さんの通夜がしめやかに
  • 船村徹さんの通夜がしめやかに
  • 船村徹さんの通夜がしめやかに
  • 船村徹さんの通夜がしめやかに
  • 船村徹さんの通夜がしめやかに
  • 船村徹さんの通夜がしめやかに
  • 船村徹さんの通夜がしめやかに

オリコントピックス