• ホーム
  • 映画
  • ハリウッド実写版『攻殻機動隊』 少佐の顔パーツが外される新映像公開

ハリウッド実写版『攻殻機動隊』 少佐の顔パーツが外される新映像公開

 人気SFコミック「GHOST IN THE SHEL/攻殻機動隊」をハリウッドで実写化した映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』(4月7日公開)の新映像が17日、解禁された。

 近未来を舞台にした士郎正宗氏の原作は、テロなどの犯罪を事前に察知して被害を防ぐ政府直属の公安警察組織・公安9課(通称・攻殻機動隊)の活躍を描き、独特の世界観で日本のみならず世界でファンを広げてきた人気作品。スティーブン・スピルバーグ氏が2009年に実写映画化権を獲得し、オリジナルでは“草薙素子”の名を持つ主人公・少佐をスカーレット・ヨハンソン、少佐の上司である荒巻をビートたけしが演じる。

 新たに公開されたのは、少佐(ヨハンソン)が敵らしき人物に渾身の一撃を食らわせる様子や、バトー(ピルー・アスベック)と共にヘリコプターから降りてくる面々の中に片目にアイパッチを装備したサイトーと思しき人物の姿、シリーズファンにはおなじみの多脚戦車による激しい銃撃シーン。最後には、「攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG」で登場する作品の中心に位置する事件の重要人物である革命家・クゼと思われる人物により、少佐の顔のパーツが外される衝撃的なシーンで終わる。

 そのほかのキャストとして、クゼ役には、ミュージシャンとしても活躍するマイケル・ピット、少佐の片腕ともいえるバトー役には、『LUCY/ルーシー』などに出演するピルー・アスベック、映画オリジナルキャラクターであるオウレイ博士役で、『ショコラ』などで知られるフランスの女優ジュリエット・ビノシュが出演する。

■『ゴースト・イン・ザ・シェル』新映像
https://www.youtube.com/watch?v=Oj0QfVVuNb4



オリコントピックス