• ホーム
  • 芸能
  • 三代目JSB山下健二郎、配信版“月9”でドラマ初主演

三代目JSB山下健二郎、配信版“月9”でドラマ初主演

 人気グループ・三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE(以下三代目JSB)の山下健二郎が3月20日より配信スタートするdTV×FOD(フジテレビオンデマンド)オリジナルドラマ『Love or Not』で連ドラ初主演を飾ることが、わかった。毎週月曜9時に配信され、男女6人の恋愛群像劇を描いた同ドラマは、まさに“配信版月9”。共演は本仮屋ユイカ劇団EXILE町田啓太八木将康浅見れいならが務める。

【写真】その他の写真を見る


 初主演で“座長”として現場を引っ張った山下は「最初は、緊張しましたがスタッフやキャストの皆さまに助けていただき毎日楽しんで撮影することが出来ました」と手応えをみせ「現場の雰囲気も良く、撮影時はしっかりと集中して挑めたので出来上がりが早く見たいです!」と完成を心待ちにする。

 山下が演じるのは料理や掃除など家事は得意だが、仕事はイマイチやる気が出ない会社員という、どこか頼りない“ダメ男”の主人公・幸助。22年ぶりに初恋の相手と1通のメールをきっかけに再会するが、周囲に気を遣ったり、自分の想いを素直に伝えることができず空回りばかりしてしまうという役どころ。

 普段パフォーマーとしての姿とはまた違った一面をみせてくれそうだが「普段の自分が持っているものと幸助はリンクする部分が多かったので、ありのままの自分を出せるように集中しました。普段はどちらかというとみんなを笑わせたり、笑顔にするのが好きなので役作りはそれほど苦労しなかったです!」と明かす。

 また、ヒロインを演じた本仮屋は山下との共演に「とってもリラックスして過ごせました! 自然体で現場にいられたこと、本当に感謝しています。どんなときも明るく、おおらかな雰囲気で現場にいて下さる山下さんとのお仕事はとても楽しかったです」と振り返り「私は初めてのラブコメ作品だったため初めて体験することも多く、“恋をするってなんて楽しいんだ!”とワクワクしながら撮影していました。そのドキドキ感をぜひ楽しんで頂けたらうれしいです」と自信を込めていた。



関連写真

  • dTV×FODオリジナルドラマ『Love or Not』で連ドラ初主演を務める三代目 J Soul Brothers・山下健二郎 (C)エイベックス通信放送/フジテレビジョン
  • dTV×FODオリジナルドラマ『Love or Not』 (C)エイベックス通信放送/フジテレビジョン
  • (左から)本仮屋ユイカ、山下健二郎 (C)エイベックス通信放送/フジテレビジョン
  • dTV×FODオリジナルドラマ『Love or Not』で連ドラ初主演を務める三代目 J Soul Brothers・山下健二郎 (C)エイベックス通信放送/フジテレビジョン
  • dTV×FODオリジナルドラマ『Love or Not』に出演する本仮屋ユイカ (C)エイベックス通信放送/フジテレビジョン

オリコントピックス