• ホーム
  • 芸能
  • 休養中の市原悦子、映画イベントで肉声披露

休養中の市原悦子、映画イベントで肉声披露

 自己免疫性脊髄炎の治療のため入院し、現在芸能活動を休養している女優・市原悦子(81)が16日、都内で行われた出演映画『しゃぼん玉』(3月4日公開)ワールドプレミアに肉声のボイスメッセージを寄せた。林遣都(26)ら共演者、スタッフとの撮影を振り返り、「すばらしい映画を完成させて、おめでとうございます」と、往年と変わらない声を届けた。

【写真】その他の写真を見る


 市原は、昨年11月初旬より体調不良のため入院療養しており、今年の年始から復帰予定だったが、所属事務所が「検査の結果『自己免疫性脊髄炎』との診断が出たため高齢であることも踏まえ、しばらくは入院治療が必要になりました」と発表していた。

 ボイスメッセージは「皆さんこんにちは、市原悦子です」と自己紹介から始まり、「撮影で行った椎葉村では、現地の皆さまの料理を楽しみながら、宮崎の自然を感じながら、撮影に参加することができました」と、2016年3月に行われた撮影を回顧。「林さんとの共演は、忘れられないものになりました。これからどんな役をなさるのでしょう、楽しみです」と期待を込め、スタッフらに「とことんお世話になりました。ありがとうございました」と感謝を伝えた。

 同作は、乃南アサ氏の小説を基にしたヒューマンドラマ。強盗や傷害を重ねて逃亡中の青年が、ある老人と彼女が暮らす村の人々と触れ合ううちに再起を決意するさまが描かれる。

 主演を務めた林は、市原との共演について「俳優をやっていくうえで武器となるような期間でした」と振り返り、撮影中は常に役柄のスマとして接してくれたという市原の心遣いに感謝。「現場で離れたところで市原さんのお芝居を見ているだけで、一瞬一瞬圧倒されて感動してしまう。貴重な時間でした」と話し、サプライズで披露されたメッセージにも「ただただうれしい」と感慨深げだった。

そのほか、メガホンをとった東伸児監督(53)、同作に出演する柴犬・チョコ(2)が登場した。

■市原悦子 ボイスメッセージ全文
みなさんこんにちは、市原悦子です。
本日は映画『しゃぼん玉』ワールドプレミアにお越しいただきありがとうございます。
撮影で行った椎葉村では、現地の皆さまの料理を楽しみながら、宮崎の自然を感じながら、撮影に参加することができました。
綿引(勝彦)さんのお出になった場面は、編集にキレがあって、良かったですね。
相島(一之)さんは、こわい役者さんねぇ。ご活躍ください。
林さんとの共演は、忘れられないものになりました。これからどんな役をなさるのでしょう、楽しみです。
監督の東さんとプロデューサーの豊山さん、そしてスタッフの皆さまには、とことんお世話になりました。ありがとうございました。すばらしい映画を完成させて、おめでとうございます。



関連写真

  • 出演映画『しゃぼん玉』ワールドプレミアに肉声でのメッセージを寄せた市原悦子 (C)ORICON NewS inc.
  • 市原はパネルで登壇
  • 映画『しゃぼん玉』(3月4日公開)ワールドプレミアに出席した林遣都 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『しゃぼん玉』(3月4日公開)ワールドプレミアに出席した林遣都 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『しゃぼん玉』(3月4日公開)ワールドプレミアの様子 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『しゃぼん玉』(3月4日公開)ワールドプレミアの様子 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス