• ホーム
  • 芸能
  • 『たけのこの里の日』を3月10日に制定 中の人が“きのこ派”に勝利宣言?

『たけのこの里の日』を3月10日に制定 中の人が“きのこ派”に勝利宣言?

 明治は16日、人気菓子「たけのこの里」の記念日として、3月10日が『たけのこの里の日』(「3・さ」「 10 ・と」)に制定されたことを発表した。昨年、先に8月11日が『きのこの山の日』に制定され、ライバル商品に遅れること約7ヶ月。長きにわたり覇権を争ってきた「きのこ・たけのこ論争」が新たな戦局を迎えることとなるのか。

【写真】その他の写真を見る


 同記念日は『きのこの山の日』と同様、「一般社団法人 日本記念日協会」によって正式に認定されたもの。「きのこ」が昨年から施行された祝日「山の日」にちなんで記念日制定されたのに対し、「たけのこ」開発担当者は同商品が便乗できる記念日がないと悔しさをかみ締める日々を送ったという。そこで考えたのが語呂合わせ。「きっかけがないのであれば、見つけて、こじつけでもなんでもいいから、作るしかない」と今回の制定にこぎつけた。

 「きのこ vs たけのこ」で毎度お約束となっている両陣営の挑発も抜かりない。さっそく「たけのこ」担当者は「まあ、ネットの声を見ていただければ、どちらが優勢かは、はっきりは言わないんですけど、唯一、記念日の有無だけは負けているかなというところではあったので、もう完全に負けている点はなくなったのではないでしょうか(笑)。残念ながら論争に終止符ですかね(笑)」と、きのこ派への勝利宣言ともとれる発言で煽り、「遅れること7ヶ月。時は来た! それだけだ!」と、どこかで聞いた(?)名ゼリフを決め、自信をみなぎらせた。

 これに対し「きのこ」側の担当者は「『きのこの山の日』はおかげさまで社内外にて大変話題となったので、正直勝った! と思っていましたが、これでまた振り出しに戻りましたね…」とコメント。しかし、「そもそも、極めて自然な『きのこの山の日』記念日ロゴと違って、『たけのこの里の日』の記念日ロゴ、たけのこが重なった部分なんて、まるで「たけのこの里」同士がめり込んでいるみたいで、厳密には商品で再現できてないですよね(笑)」と文句をつけ、「たけのこ」サイドの挑発を真っ向から受けて立つようだ。

 『たけのこの里の日』制定を記念し、明治では全国7ヶ所にある工場見学施設「明治なるほどファクトリー」のうち6施設にて、当日の来場者全員に「たけのこの里」プレゼントを実施する。

■『たけのこの里の日』特設サイト
http://satonohi.kinotake.jp/



関連写真

  • 『たけのこの里の日』記念日ロゴ
  • 『きのこの山の日』記念日ロゴ
  • 『たけのこの里の日』登録証
  • 『きのこの山の日』登録証

オリコントピックス