• ホーム
  • 芸能
  • 花江夏樹&梅原裕一郎が共演 『恋するシロクマ』劇場で“ぷち”アニメ化

花江夏樹&梅原裕一郎が共演 『恋するシロクマ』劇場で“ぷち”アニメ化

 『月刊コミックジーン』(KADOKAWA)で連載中の『恋するシロクマ』(原作:ころも)が、劇場で“ぷち”アニメ化されることが明らかになった。3月4日より全国の映画館約50館で予告編上映前に順次上映される予定だ。メインテーマを男女ツインボーカル3ピースバンド・シナリオアートが担当することも決定。オリジナル楽曲を書き下ろす。

【写真】その他の写真を見る


 本作は、白いアザラシ(♂)を好きになってしまったシロクマくん(♂)。弱肉強食の世界で紡がれる恋物語。アニメでは、シロクマに求愛され、恐怖に震えるアザラシ君を花江夏樹、白いアザラシを好きになってしまった孤独なシロクマさんを梅原裕一郎がそれぞれ演じる。

 先月31日に初めてのアフレコが行われ、普段から交流がある2人を中心に、現場は終始、穏やかな雰囲気だったという。 今回の共演を経て、お互いの印象を聞くと、「梅原くんは寡黙なので、僕から話しかけることが多かったのですが、わりと話しかけてくれるようになってうれしかったです。やはり彼は良い人ですね。シロクマのように僕を包み込んでくれました」(花江)。「共演経験もありますし、普段も交流もありますが、また新たな面を見た気がしました」(梅原)と話した。

 収録の手応えや本作の見どころについて、花江は「短い映像の中でシロクマとアザラシのほっこりするやり取りがぎゅっと詰まっていました。アザラシは常に震えていてかなり小さい子なので、僕も常に震えながら演じました。本当にかわいいですね。彼らには末永く幸せに暮らして欲しいです。肩の力を抜いてまったりと観られる作品だと思います」とコメント。

 梅原は「初めて動物役を演じさせていただき、初めはキャラクター作りに苦戦もしましたが、楽しく収録できました。原作ファンの方も、初めて『恋するシロクマ』に触れる方も、アザラシくんとシロクマさんの心温まる、少しシュールな空気を楽しんでいただければ幸いです」と語っていた。

 メインテーマを手掛けるシナリオアートは、わざわざ栃木県内にある洞窟の中で氷点下の寒さに耐えながらボーカル録音し、臨場感をプラス。氷上の世界観にぴったり合った楽曲で作品を盛り上げる。



関連写真

  • 『恋するシロクマ』劇場にてぷちアニメ化決定。W主演の花江夏樹(右/アザラシ君役)、梅原裕一郎(左/シロクマさん役)
  • アニメ『恋するシロクマ』新ビジュアル。3月4日より全国の劇場で予告編前に上映(C)ころも・KADOKAWA/恋する製作委員会
  • 3月4日より全国の劇場で予告編前に上映される『恋するシロクマ』のメインテーマにシナリオアートの書き下ろし楽曲が決定
  • 『恋するシロクマ』劇場にてぷちアニメ化決定。W主演の花江夏樹(右/アザラシ君役)、梅原裕一郎(左/シロクマさん役)
  • 『恋するシロクマ』劇場にてぷちアニメ化決定。W主演の花江夏樹(右/アザラシ君役)、梅原裕一郎(左/シロクマさん役)

オリコントピックス