• ホーム
  • 映画
  • 吉永小百合、新作映画で堺雅人と親子役 出演通算120本目『北の桜守』

吉永小百合、新作映画で堺雅人と親子役 出演通算120本目『北の桜守』

 女優の吉永小百合(71)が、新作映画『北の桜守』に主演することが14日、わかった。同じく吉永が主演を務め、北海道を舞台にそこで生きる人々を描いた映画『北の零年』(05年)、『北のカナリアたち』(12年)に続く、“北の三部作”の最終章でもあり、通算120本目の出演作。堺雅人(43)が息子役を演じ、吉永と実写で初共演する。

 1945年、江蓮てつ(吉永)は樺太で家族と暮らしていたが、ソ連の侵攻により土地を追われ、北海道の網走へと辿りつく。凍えるような寒さと食べるものがない程の貧しい生活の中で、息子・修二郎を命がけで守り抜き、育てた後も一人、夫を待ち続けながら、網走でひっそりと暮らしている。

 堺は大人になった修二郎を演じ、ビジネスで成功して15年ぶりに網走を訪れるという役どころ。一人つつましい生活を送る年老いた母と再会し、その姿を見て、修二郎は札幌で一緒に暮らす決意を固める。

 メガホンを取るのは、『おくりびと』(08年)で日本アカデミー賞最優秀作品賞・最優秀監督賞を受賞し、米国アカデミー賞で日本初の外国語映画賞を受賞した滝田洋二郎監督。戦中、戦後の北海道の厳しい環境の中、懸命に生きた母と子の、約30年にもわたる姿を丁寧に切り取る。

 2月16日にクランクインし、厳しい冬の網走市でのロケを敢行。春にかけて都内近郊のロケ、セットでの撮影を行い、その後、稚内市を中心とした北海道縦断でのロケーションを春・夏に行う。公開は、北海道が命名されて150年となる2018年の春を予定している。



関連写真

  • 映画『北の桜守』に主演する吉永小百合。通算120本目の出演作となる
  • 息子役を演じる堺雅人
  • メガホンをとる滝田洋二郎監督

オリコントピックス