• ホーム
  • 芸能
  • 有吉弘行、三又“叩き”完結? 松本の絶縁宣言受け「俺の役目終わったね」

有吉弘行、三又“叩き”完結? 松本の絶縁宣言受け「俺の役目終わったね」

 お笑いタレントの有吉弘行が12日、JFN系ラジオ番組『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』に生出演。ダウンタウン松本人志が、写真週刊誌『FLASH』で報じられたお笑い芸人・三又又三との“絶縁”を認めたことを受け「公になってよかった。もう松本さんが認めて、こういう風に言ったってことは俺の役目は終わったね」と冗談交じりに触れた。

 松本は、12日放送のフジテレビ系『ワイドナショー』で報道について言及し「『FLASH』で三又又三が僕から大金を借りて、全然返さないと、僕から絶縁を受けている、どうしようもない奴だっていう、これは完全に事実です」ときっぱり。さらに「本当に返さない。というか『FLASH』さん、まだ甘いですよ! アイツのクソ加減が、まだ表現できてない。(同誌では三又が)『そんなことないと言って逃げていった』ってありますけど、そんなことあるんですよ」と話していた。

 かねてより「三又がクズだ」と各所で公言してきた有吉。テレビ番組で本人を目の前にこき下ろすこともしばしばあったが「地道に草の根運動をずっとやってきて。これでもう完結ですね。もう俺の役目は終わったって感じ」と語った。

 続けて「次はもう逆に三又に優しくしてやっていこうかな」とトーンを和らげると「みんながかさになって『松本さんが言ったから俺も、俺も』っていうのはちょっとよくない。それはダサいし、俺の仕事じゃない」と、持論を展開。

 今後は歩み寄る姿勢をみせた有吉だったが、番組アシスタントのデンジャラス・安田和博から「三又、この番組に呼んだり?」と“和解案”を持ち出されると「呼ぶわけねぇだろ、あんなクズ!」と吐き捨てるように即答して、この話題を締めた。

 同誌によると、自身のバーの経営に苦しむ三又が松本から運転資金の名目で1000万円を借用。ところが、そのお金を放蕩(ほうとう)し、バーの家賃を滞納していたことから、大家から追い出され、そのことを知った松本が激怒し、絶縁に至ったと報じられていた。



オリコントピックス