• ホーム
  • 芸能
  • 清水富美加ヒロイン作『東京喰種』、出家騒動を受けコメント「関係各位と協議」

清水富美加ヒロイン作『東京喰種』、出家騒動を受けコメント「関係各位と協議」

 女優の清水富美加(22)が宗教団体『幸福の科学』の活動に専念するため、所属事務所の退社を表明したことを受け、清水がヒロインを務める映画『東京喰種 トーキョーグール』の公式サイトが13日、コメントを発表した。

 「映画『東京喰種 トーキョーグール』を楽しみにして下さっている皆様へ」と題したお知らせで、「この度のキャストに関する一連の報道を受け、映画『東京喰種 トーキョーグール』に対し、多大なるご心配をお掛けしております」と騒動を謝罪し、「ただいま、状況を確認しております。今後につきましては、進捗を見守りながら、関係各位と協議をしてまいります」と現状を説明。

 今後の発表については「こちらのページに随時情報を掲載して参ります。どうぞ、よろしくお願い致します」と呼びかけた。なお、この発表の前に投稿された「清水富美加さん演じるヒロイン・霧嶋董香(きりしま・とうか/トーカ)のイメージカットが解禁!」という情報と清水の写真は現在も残っている。

 同作は『週刊ヤングジャンプ』連載中の石田スイ氏の同名漫画を実写化。主演は窪田正孝で、そのほかのキャストとして鈴木伸之、蒼井優、大泉洋らが名を連ねている。



オリコントピックス