• ホーム
  • 音楽
  • “V系2大カリスマ”DIR EN GREY×PIERROT、初の合同ライブ発表 ファンどよめき「まさか…」

“V系2大カリスマ”DIR EN GREY×PIERROT、初の合同ライブ発表 ファンどよめき「まさか…」

 ビジュアル系ロックバンド・DIR EN GREYPIERROTが、7月7・8日の両日、横浜アリーナで初のジョイントライブを行うことが明らかになった。12日午後2時、情報を聞きつけたファンら約5000人の観衆が見守るなか、東京・新宿アルタのオーロラビジョンで発表された。

【写真】その他の写真を見る


 「交わる事の無かった2バンド 交わる事の無かった2つの物体 ここに破壊的融合」をコンセプトにした映像は、人類の破壊と誕生をイメージするようなショッキングな内容。言葉による説明がなく、最後にライブの日程が明らかにされると、1分42秒ほどの告知映像を食い入るように見つめていたファンからどよめきが起こった。

 V系バンド全盛期の1995年後半から2000年代前半にかけ、“2大カリスマ”として人気を集め、ライバル関係にあったDIR EN GREYとPIERROTがタッグを組んでのプロジェクトが始動することは、1月1日に発表されていたが、その内容や詳細は明かされないままだった。

 この日、両者が同じステージに立つことが発表され、ファンも動揺。埼玉・春日部から来たという30代の女性ファンは「敵対していたバンド、ファンも真っ二つに分かれ、競い合ってきた。まさか同じステージに立つなんて想像もしていなかった」と驚きを隠せない様子だった。

■ビジョン告知映像 
https://youtu.be/1pNCvvQNbn4



関連写真

  • 新宿アルタ前でDIR EN GREYとPIERROTのジョイントライブを発表
  • 新宿アルタ前にファンが集結、そしてどよめき…
  • 約5000人の観衆が見守ったサプライズ発表
  • DIR EN GREY
  • PIERROT

オリコントピックス