• ホーム
  • 芸能
  • 松本伊代、“線路立ち入り”書類送検受け謝罪「事の重大さを改めて感じております」

松本伊代、“線路立ち入り”書類送検受け謝罪「事の重大さを改めて感じております」

 タレントの松本伊代(51)が10日、自身のブログを更新。1月13日、読売テレビの番組ロケで訪れた京都市でJR山陰線の線路内にタレントの早見優(50)ともに立ち入り写真を撮影、きょう2月10日に鉄道営業法違反の疑いで2人が書類送検された問題で、「私の危険で軽率な行動で、皆さまに多大なご迷惑をおかけしたことを心から反省しております」と謝罪した。

 ブログでは「本日、鉄道営業法違反の疑いで書類送検され、事の重大さを改めて深く感じております」と神妙に語り「私の危険で軽率な行動で、皆さまに多大なご迷惑をおかけした事を心から反省しております。本当に申し訳ございませんでした」とつづった。

 松本は線路立ち入り写真がネット上で問題視され話題となった1月15日にも自身のブログで「この度は、私の不謹慎な行動にてご迷惑とお騒がせをいたしまして
大変申し訳ございませんでした」とお詫びしているが、今回、書類送検を受け改めて一連の騒動を謝罪する形となった。



オリコントピックス