• ホーム
  • 芸能
  • 平愛梨、結婚前最後のテレビ収録 サプライズに号泣

平愛梨、結婚前最後のテレビ収録 サプライズに号泣

 女優でタレントの平愛梨(32)が12日放送される日本テレビのバラエティー番組『スクール革命!』(毎週日曜 前11:45※関東ローカル)で結婚前最後のテレビ収録に臨んだ。最後に、MCの内村光良からの花束とともに、サプライズプレゼントととして平の出演映画『20世紀少年』の原作者・浦沢直樹氏が特別に描きおろした似顔絵が贈られた。

 似顔絵の下には『20世紀少年』の劇中で平が演じる「カンナ」の母親がカンナにむけて送ったというビデオメッセージの言葉が添えられており、そこには、平に対する浦沢の深い気持ちが込められていた。そして最後の写真撮影でついに号泣してしまった平に出演者からは「えっ? ここで?」と驚かれながらも「我慢していたんだよね」と優しく気遣われ、その愛されキャラクターぶりが伺わせられた。

 内村を担任が先生、Hey! Say! JUMPらメンバーが生徒にとして、“学校”に見立てた同番組を“休学”し、イタリアに“海外留学”する平は「14歳から仕事をしていて、本当に青春時代を思い出させてくれるような番組で、アットホームで出演者の皆さんとスタッフさんの雰囲気が本当に温かくて」としみじみ。「本当の学校にみたいに修学旅行もあって。私は修学旅行も行ってなかったんですよ。小中高と全部。なので、本当に青春を感じた番組でした」と思い入れを語っていた。



オリコントピックス