• ホーム
  • 音楽
  • 『題名のない音楽会』司会交代で一新へ 五嶋龍からミュージカル俳優・石丸幹二にバトン

『題名のない音楽会』司会交代で一新へ 五嶋龍からミュージカル俳優・石丸幹二にバトン

 テレビ朝日系音楽番組『題名のない音楽会』(毎週日曜 前9:00)の公開収録が9日、東京オペラシティで行われ、司会を務めるヴァイオリニスト・五嶋龍氏(28)が、3月末をもって番組を卒業することを発表した。4月からはミュージカル俳優の石丸幹二(51)が司会者のバトンを受け継ぐ。

 1964年8月から放送されている同番組。2008年から7年半にわたり司会を務めた世界的指揮者の佐渡裕氏の後任として、15年10月から出演。毎回収録のためにニューヨークから駆けつける多忙ぶりだったが、番組歴代最年少司会者として約1年半にわたり独自のカラーを発揮した。この日が最終収録となり、3月26日の放送回をもって卒業する。

 「この度、3月末で僕はこの番組を卒業します」。突然の発表に観客からは驚きの声が上がるなか、五嶋氏は「この番組で出会えた素晴らしい演奏家の皆さんに感銘を受け、音楽活動を発展していくうえで、現在拠点とするニューヨークと日本を行き来しながら司会を全うすることが難しくなりました」と理由を明かした。

 続けて「2500回を超える歴史ある番組に携われたことは非常に光栄です。御覧頂いた皆様、関係者の皆様に感謝いたします。今後音楽活動を一層、頑張っていこうと思います。ありがとうございます」と言葉に力を込めると、劇場からあたたかい拍手が沸き起こった。

 後任となる石丸は、同番組にゲストとして複数回出演。ミュージカル界の最前線で長く活躍し、ドラマ『半沢直樹』をはじめ、多くの映像作品に出演するなど活躍の幅を広げている。また、『NHKニューイヤーオペラコンサート』の司会を3年連続で務めるなど、トークの実力やその心地の良い声も定評だ。

 大役を任され「大変、光栄に思います」と石丸。司会交代にあわせ、番組イメージも一新するといい「私ならではのどんな“色”を番組に添えることができるのか、期待しつつ待ち望みたいと思います」と意欲的なコメントを寄せた。



オリコントピックス