• ホーム
  • 芸能
  • 高梨臨主演『恋がヘタでも生きてます』連ドラ化 “ハイスペック男子”田中圭と恋

高梨臨主演『恋がヘタでも生きてます』連ドラ化 “ハイスペック男子”田中圭と恋

 女優の高梨臨が4月6日よりスタートする読売テレビ・日本テレビ系『恋がヘタでも生きてます』(毎週木曜 後11:59)で約4年ぶりに連続ドラマに主演することがわかった。高梨は新興スマホゲーム会社で働くキャリアウーマンの主人公・茅ヶ崎美沙を演じ、そんな彼女の出世を阻みながらも恋の相手となるはNY帰りの経営のプロで“絵に描いたような”王子様・雄島佳介役は俳優・田中圭が演じる。

【写真】その他の写真を見る


 主要な登場人物がみんな“恋が下手”である同ドラマでは藤原晶氏の同名漫画が原作で、主人公たちの不器用すぎる恋愛模様を女性の理想と本音を交えて赤裸々に描くラブコメディー。このほか、家事上手な清純派お嬢様の受付嬢・榎田千尋に土村芳、美沙と同じ職場で働くライバルの橋本司に淵上泰史が起用された。次期社長の座を佳介に奪われた美沙とそんな彼女のルームシェア仲間で、4年付き合った婚約者の浮気を目撃した千尋が転機を迎えたことから物語が展開されていく。

 高梨は「恋でも仕事でも、頑張っている女性を応援できるようなドラマになればいいなと思っています。男性の方には、こういう恋ヘタ女子の事を知ってもらって、もっと女心を知ってもらえたらいいなと…。そして、クスッと笑いながらドキドキもしてもられる作品になるように取り組んでいきたいと思います」と意気込み。

また、「ニューヨーク帰りのハイスペック男子の佳介を、田中さんがどう演じてくださるのか、そして、私の演じる美沙と、どのようなラブストーリーが出来上がっていくのか、今からとても楽しみです」と期待を寄せる。

 現在放送中の日本テレビ系『東京タラレバ娘』では既婚者でありながら不倫してしまうサラリーマンを好演している田中は、今度は恋も仕事もパーフェクトにみえるハイスペック男子を演じるが「17年俳優をやらせてもらっていますが、ここまで自分にないものだらけの構成をされているキャラクターもなかなか無いので、思いっきり挑戦できる役かなと思っています。リアリティーは大事に自分らしい佳介に出来ればいいなと思います」とやる気をにじませ、「さまざまな恋模様とキャラクター。モヤモヤしたり、共感することがたくさん詰まっていると思うので、ぜひお気に入りのキャラクターや恋愛を見つけて一緒に楽しんで下さい!」と呼びかけている。

 汐口武史プロデューサーは「大人になればなるほど、いつどんなタイミングで人を好きになればよいかわからないし、仮に好きになったとしても、次に何をしたら良いのかわからないものだと思います。恋が上手い人なんていないと思いますので、恋ヘタな登場人物を笑ってツッコみつつも共感して頂ければと思います」とアピールしている。



関連写真

  • 4月6日よりスタートする読売テレビ・日本テレビ系『恋がヘタでも生きてます』(毎週木曜 後11:59)に出演する高梨臨
  • 4月6日よりスタートする読売テレビ・日本テレビ系『恋がヘタでも生きてます』(毎週木曜 後11:59)に出演する田中圭
  • 4月6日よりスタートする読売テレビ・日本テレビ系『恋がヘタでも生きてます』(毎週木曜 後11:59)に出演する土村芳
  • 4月6日よりスタートする読売テレビ・日本テレビ系『恋がヘタでも生きてます』(毎週木曜 後11:59)に出演する淵上泰史

オリコントピックス