• ホーム
  • 芸能
  • 4コマギャグ漫画『アホガール』今夏、TVアニメ化

4コマギャグ漫画『アホガール』今夏、TVアニメ化

 『別冊少年マガジン』(講談社)で連載中のヒロユキ氏の4コマギャグ漫画『アホガール』が今夏、テレビアニメ化(全12話)されることが発表された。

 原作は、幼なじみのあっくんが大好きで主食はバナナ、とにもかくにもアホすぎる女子高生・花畑よしこ。なんだかんだと面倒見がいい、と思いきやそうでもない、よしこの幼なじみ・阿久津明(あくつ・あくる=あっくん)。 そして、よしこに振り回される地味ガール・隅野さやか、あっくんを巡る恋のライバル(?)の風紀委員長など、個性豊かなキャラクターが繰り広げる残念な日々を描く。単行本はこれまで8巻まで発行されている。

 アニメ化にあたっては、総監督に『魔法少女リリカルなのは A's』、『風夏』などの草川啓造氏、監督に玉木慎吾氏、シリーズ構成にあおしまたかし氏、キャラクターデザインに石川雅一氏を招集。アニメーション制作はディオメディアが担当する。

■公式ホームページ
http://www.ahogirl.jp



関連写真

  • 4コマギャグ漫画『アホガール』今夏、テレビアニメ化決定(C)ヒロユキ・講談社/アホガール製作委員会
  • 原作は『別冊少年マガジン』(講談社)で連載中
タグ

オリコントピックス