• ホーム
  • 音楽
  • 天才ギター少女“Li-sa-X”がアルバムデビュー 12歳誕生日に119ヶ国で配信

天才ギター少女“Li-sa-X”がアルバムデビュー 12歳誕生日に119ヶ国で配信

 小学6年生の天才ギター少女・Li-sa-X(りーさーえっくす)が、3月8日にアルバム『セレンディピティ』でデビューすることが決まり、12歳の誕生日を迎えたきょう8日、表題曲「セレンディピティ」が全世界119ヶ国で同時先行配信された。

 Li-sa-X(本名非公表)は、2005年2月8日生まれの日本人の女の子。ギタリストの父の影響で5歳からギターを始め、7歳でYouTubeに演奏動画を投稿し始めた。8歳の時に投稿したレーサーX「スカリファイド」のカバー動画で超絶技巧が注目を集め、再生回数は470万回を突破。同曲を作曲した米ロックバンドMR.BIGの技巧派ギタリスト、ポール・ギルバートの目にも留まり、ポールのオンライン・ギタースクールに特待生で招待された。

 あどけないルックスと裏腹な超絶プレイはいち早く欧米のメディアで話題となり、「ヘヴィメタルの未来を担う天才少女10人」(米MTV)、「今年最も話題の動画1位(2014・15年の2年連続)」(米Guitar World誌)、「将来が楽しみな名キッズ・ギタープレイヤー10選」(米VH1)などに選出されている。

 1stアルバム『セレンディピティ』は、自作のオリジナル曲「セレンディピティ」に加え、彼女の大きな転機になった「スカリファイド」では、ポール・ギルバートとの“師弟”共演が実現。アニメ『ドラゴンボールZ』OPテーマ曲「CHA-LA HEAD-CHA-LA」には米テキサス出身の3人組ギターインストバンド・ポリフィアが参加したほか、童謡「アルプス一万尺」やドリーム・シアターのカバーなどバラエティーに富んだ演奏が楽しめる。

 Li-sa-Xはアルバムタイトルについて「『セレンディピティ』とは、すてきな偶然に出会ったり、予想外のものを発見すること。また、何かを探しているときに、探しているものとは別の価値があるものを偶然見つけること」と説明。

 「8歳の時に『スカリファイド』のカヴァー演奏を投稿したことによって、私にとんでもない事件が起こりました。動画を見てくれた方、多くのミュージシャンが私の動画をシェアしてくださり、それをポールさん本人が目にすることになり、私にビデオメッセージを送ってくれました。今回このアルバムをリリースさせていただく機会をいただけたのも、そんなすてきな偶然や、思いがけなく出会った幸運によるものと感じています。そんな感謝の気持ちからアルバムタイトルと、オリジナル曲の名前を『セレンディピティ』にしました」と明かしている。



関連写真

  • 天才ギター少女・Li-sa-Xの初アルバム『セレンディピティ』
  • 12歳の誕生日を迎えたLi-sa-X

オリコントピックス