• ホーム
  • 芸能
  • 三重県の“普通の女子高生”、2度目の水着グラビア 18歳のフレッシュなビキニ姿

三重県の“普通の女子高生”、2度目の水着グラビア 18歳のフレッシュなビキニ姿

 昨年10月に『ヤングジャンプ』でグラビアに初登場し、水着姿を披露して話題になった三重県の県立高校に通う“普通の女子高生”鈴木茜音(18)が、9日発売の同誌11号で2度目のグラビアに挑戦した。

【写真】その他の写真を見る


 鈴木は、全国の素人美少女を紹介する同誌のウェブサイト『ギャルコンオンライン』に登場すると好評を博し、昨夏に同誌が掲載した「美少女特集」にも登場。大きな反響を呼び、同誌で水着グラビアデビューを果たすと「日本一かわいい“普通”の女子高生」と絶賛された。

 今回のグラビアも、制服を着たままプールに入るストーリーを感じさせるようなカットや、ビキニをまとい等身大のセクシーを表現したカットなど、芸能人ではない普通の女子高生の“ありのままの魅力”を凝縮している。

 また、同号の表紙と巻頭グラビアには、モデルで女優の武田玲奈(19)が登場。冬の温泉を舞台に、可憐なビキニ姿やしっとり湿った肌を恥じらいながら披露した。



関連写真

  • 色気漂う制服姿を披露した鈴木茜音 (C)細居幸次郎/集英社
  • 美少女高校生・鈴木茜音 (C)細居幸次郎/集英社
  • 『ヤングジャンプ』11号表紙カット (C)阿部ちづる/集英社

オリコントピックス