• ホーム
  • 音楽
  • 「森のくまさん」騒動が“円満解決” 訳詞者・馬場氏に誠意伝わる

「森のくまさん」騒動が“円満解決” 訳詞者・馬場氏に誠意伝わる

 童謡「森のくまさん」の替え歌をめぐる騒動について、訳詞者の馬場祥弘氏と、替え歌を歌ったお笑い芸人・パーマ大佐およびレコード会社のユニバーサルミュージックの間で2月1日、合意が成立した。同社の公式サイトで同社とパーマ大佐、並びに馬場氏の代理人弁護士名義で発表された。

 同社は「パーマ大佐『森のくまさん』のCD/DVD等の販売とパフォーマンスでの訳詞の利用を、団体を通じて馬場氏の同意を得たと理解していましたが、馬場氏は団体からの問い合わせに対して不同意との回答をしたという認識でした」と騒動の経緯を説明。

 騒動発生後、同社とパーマ大佐が馬場氏に改めて説明したところ、馬場氏が「誠意ある行動をしていたことが分かったこと」を理解。同社とパーマ大佐も「本件訳詞にかかる著作者人格権が馬場氏に帰属していることを確認し、今後ともその著作者人格権を尊重する」としたため、「CD/DVD等の販売及びパフォーマンスに関して快諾し、今回の件に関しては円満解決に至りました」と報告した。

 同曲騒動の経緯は、昨年12月に発売されたパーマ大佐の「森のくまさん」について、今年1月18日に馬場氏が「著作者としての人格権を侵害された」として、パーマ大佐と制作・販売したユニバーサルミュージック社を相手に慰謝料300万円の請求を通知した。



関連写真

  • パーマ大佐
  • 「森のくまさん」ジャケ写

オリコントピックス