• ホーム
  • 芸能
  • レツゴー長作が舞台休演 体調不良による病気療養

レツゴー長作が舞台休演 体調不良による病気療養

 漫才トリオ・レツゴー三匹レツゴー長作(73)が出演を予定していた舞台『おもろい女』(3月18日〜名古屋公演/4月1日〜大阪公演)を体調不良による病気療養のため休演する。7日に所属事務所公式サイトで発表された。

 サイトでは「休演にあたり、公演を楽しみにして頂いておりましたファンの皆様にはご心配、ご迷惑をおかけしますことを深くお詫び申し上げます」とし「『おもろい女』出演者の皆様、制作関係者の皆様へは、多大なるご迷惑とご負担をお掛けすることを重ねてお詫び申し上げます」と重ねて謝罪。

 続けて「レツゴー長作は休演しますが『おもろい女』は中日劇場は3月18日に、新歌舞伎座は4月1日に初日を迎えます。変わらず応援頂きますよう、お願い申し上げます」と呼びかけている。

 同舞台は、昭和初期に活躍した天才漫才師・ミス・ワカナが結婚・別離を経ながら漫才で人気の頂点を極め、若くして命を落とすまでを描いた物語。天才漫才師ワカナを女優の藤山直美が演じ、相方であり夫である玉松一郎役を渡辺いっけいが務める。

 なお、所属事務所によると病気の詳細については非公表としている。





オリコントピックス