• ホーム
  • 音楽
  • ぼくりり、「在り処」タテ型MV完成 川村元気氏×関和亮監督共同作品

ぼくりり、「在り処」タテ型MV完成 川村元気氏×関和亮監督共同作品

 文学性の高い歌詞で評価される大学1年の歌手「ぼくのりりっくのぼうよみ」の2ndアルバム『Noah’s Ark』(1月発売)収録曲「在り処」の“タテ型”ミュージックビデオ(MV)が完成した。

 本作は、ライブ配信サービス「LINE LIVE」で始動した、スマートフォンで体験する最適な映像クリエイティブを追求する企画「Portrait Film Project」とコラボレーション。クリエイティブ・ディレクターの川村元気氏と映像ディレクターの関和亮監督が共同で手がけた。

 スマートフォンの特性を生かし、“タテ型”視聴に特化した本作は、“死ねない”男が主人公。歌詞にある「なんで未だに死ねない」をテーマとしている。作品とユーザーの距離が近づき、見る人に新鮮な驚きと映像表現の新しい可能性を感じさせる意欲作は、きょう午後8時からLINE LIVEで公開される。

■ぼくのりりっくのぼうよみ「在り処」MV(2月7日午後8時公開)
https://live.line.me/channels/21/upcoming/886985



関連写真

  • ぼくのりりっくのぼうよみ
  • ぼくのりりっくのぼうよみ 2ndアルバム『Noah’s Ark』

オリコントピックス