• ホーム
  • 芸能
  • 木下優樹菜、ブランドプロデューサー卒業「今後のために良いのではないかと思い」

木下優樹菜、ブランドプロデューサー卒業「今後のために良いのではないかと思い」

 タレントの木下優樹菜(29)が6日、自身のブログとインスタグラムを更新し、ファッションブランド「Avan Lily」のプロデューサーを卒業することを発表した。

 木下は「この度、私、木下優樹菜は5年ほど勤めさせて頂きましたAvan Lilyのプロデューサーを卒業することになりました」と報告。この5年の間に「二人の子供を出産し、大きく環境が変わり、ファッションに対する考え方や見方も変わり、今のこのタイミングで卒業するのが今後のために良いのではないかと思い今回決断しました」と理由を説明した。

 ブランドプロデューサーを通じて「学んだこと、得たものはたくさんあり本当にいい経験をさせて頂きました」と振り返り、「支えてくださった皆様、応援してくれていた皆様、本当にありがとうございました。これからもAvan Lilyを暖かく見守って頂けると幸いです」と呼びかけた。

 木下がプロデューサーを務めたAvan Lilyは、2012年春夏シーズンにデビュー。ブランドのイメージモデルとしてカタログなどに自ら出演していた。



オリコントピックス