橋本環奈擁するRev.from DVLが3月末で解散

 女優・橋本環奈が所属する福岡発のダンスアイドルユニット・Rev.from DVLが3月31日をもって解散することがわかった。6日、グループの公式サイトにて発表された。

 『Rev.from DVL』は2003年、博多にてその前身となる『DVL』を結成。2011年に『Rev.from DVL』に改名すると、2013年にインターネットに投稿されたファンが撮影した橋本の写真が「天使すぎる」とまたたく間に拡散され、一躍人気者に。グループとしては2014年4月16日には「LOVE-arigatou-」でメジャーデビューした。

 公式サイトでは解散理由について「メジャーデビュー後3年を経過した現在、ある者は就職、ある者は進学、またある者は新たなる道を模索するべく自らを見直す為の時間を要するという、それぞれがそれぞれ人生の岐路に立つ時期と相重なり、グループ並びに個人個人の未来についてメンバー全員と運営事務局との話し合いを重ねました結果、誠に残念ながら袂を分かつ『解散』という形の、それはメンバーそれぞれが新たなる人生の章を歩み始める『別れ』を選択するという結論に至りました」と説明。

 続けて、「このような突然のお知らせにさぞ驚かれ、またメンバー同様に寂しさを抱いて下さるファンの皆様も大勢いらっしゃるとは思いますが、何卒 各メンバーの新たなる人生の選択と、未来に向かって進もうという決意と想いを、御理解頂けます様お願い申し上げます」と呼びかけている。

 なお、最後にベストアルバムをリリースし、3月29日に東京・赤坂ブリッツ、同31日に福岡ドラムロゴスで解散ライブが行われる。



オリコントピックス