• ホーム
  • 芸能
  • 松本人志、和田アキ子の“パワハラ騒動”に持論「芸能界では必要悪」

松本人志、和田アキ子の“パワハラ騒動”に持論「芸能界では必要悪」

 お笑いコンビ・ダウンタウン松本人志(53)が、5日放送のフジテレビ系『ワイドナショー』(毎週日曜 前10:00)に出演。歌手・和田アキ子(66)が1月22日のTBS系『アッコにおまかせ!』(毎週日曜 前11:45)生放送中にお笑い芸人・出川哲朗(52)に対して、17歳の女子高生との淫行疑惑を報じられた狩野英孝(34)へ電話するよう要求し、その後ネット上で「パワハラ」などと批判されたことについて持論を述べた。

 松本はこの件に意見を求められると、「僕はパワハラだと思いました。出川に電話しろと言ったことも、電話するかもと(出川に)事前に伝えていたこともパワハラ」と苦笑。その上で「ただ、パワハラだめなんですか? 職場や学校ではどうかわからないですけど、芸能界においてバラエティーにおいてパワハラはある種、“必要悪”」と和田の言動に理解を示した。

 続けて「僕はアッコさんのパワハラ好きだし、嫌な気はしない。(テレビでは)触れられた方が得をする逆転現象が起きる。アッコさんなんて存在がパワーなんですから。それをやめてくれって言われても無理なわけで」と指摘し、「芸能界がみんな平等になっちゃったら何が面白いの?」とネット上の批判をけん制した。

 和田本人は今月2日、フジテレビ系『バイキング』に出演した際、この騒動に言及。生電話については事前に出川の了承を得ていたことを明かし、「これはハラスメント? どういう意味のハラスメントにとられたわけですか? 私は、人は打つけど打たれ弱いのよ。けっこう気にするから(ネットを)見ない」と批判に対する心境を語っていた。



オリコントピックス