• ホーム
  • 芸能
  • 『ぶらり途中下車の旅』藤村俊二さん追悼 最後は「ぶら〜りとね」とお別れ

『ぶらり途中下車の旅』藤村俊二さん追悼 最後は「ぶら〜りとね」とお別れ

 心不全のため1月25日に82歳で亡くなった俳優・藤村俊二さんがナレーターを務めていた日本テレビ系『ぶらり途中下車の旅』(毎週土曜 前9:25〜)が4日放送され、現在、ナレーターを務める俳優の小日向文世(63)が追悼コメントを読み上げた。

【写真】その他の写真を見る


 番組エンディングで小日向は「1月25日、おヒョイさんが天国に旅立たれました。どうやらこの春は、向こうで過ごすことにしたようです。さよなら、おヒョイさん。ありがとう、おヒョイさん。きょうは懐かしいあの声でお別れです」とメッセージ。

 すると藤村さんの「街を歩けば、ふと気づく、春の花のつぼみ、すてきな出会いが、あなたの心にも花を咲かしてくれるかもしれませんよ。出かけてみませんか。ぶら〜りとね」と懐かしいナレーションが放送され、「さようなら おヒョイさん 天国でもいい旅を」と伝えたテロップで番組を締めくくった。

 放送後にはツイッターを中心に「ラストの挨拶は、先日亡くなったオヒョイ(藤村俊二)さんの声で締めくくり。この番組らしい感じがした。改めて、ご冥福をお祈りします」「藤村俊二さん……癒しをありがとうございました!!!」「最後のナレーションに藤村俊二さんの声が使われてて懐かしかった」などの声が届いた。

 藤村さんは、初代ナレーターを担当した滝口順平さんからバトンを引き継ぎ2代目ナレーターとして活躍し、2015年12月に体調不良のため番組を降板。

 番組終了後には番組公式サイトも更新され「2011年10月から4年間にわたり当番組のナレーターをつとめられたおヒョイさんが1月25日に天国に旅立たれました。軽妙な中にも深く重みのある語り口で多くの人にぶらり旅の楽しさを伝えて頂きました。おヒョイさん、ありがとうございました! あちらでも、素敵な旅を楽しんでくださいね!」とコメントが掲載されている。

 なお、今月14日正午より東京・渋谷の慈雲山 長泉寺において「献花の会」が催される。



関連写真

  • 藤村俊二さん(写真は公式サイトより)
  • 藤村俊二さん(写真は公式サイトより)

オリコントピックス