• ホーム
  • 芸能
  • 西岡徳馬、朝ドラ初出演 『べっぴんさん』新キャスト発表

西岡徳馬、朝ドラ初出演 『べっぴんさん』新キャスト発表

 NHKで放送中の連続テレビ小説『べっぴんさん』(月〜土 前8:00 総合ほか)の新たな出演者として、俳優の西岡徳馬らの出演が発表された。物語は、2月下旬から舞台を昭和40年代の神戸・大阪に移し「大阪万博期」として、すみれ(芳根京子)たちが開いた子ども服の店・キアリスが創立20周年を迎え、ますます大きく成長していく姿を描いていく。

【写真】その他の写真を見る


 西岡は、連続テレビ小説初出演。東京の大手商社「KADOSHO」代表取締役の古門充信(こかど・みつのぶ)役で、世紀の祭典・大阪万博を千載一遇のチャンスと捉え、日本の名を世界にとどろかせたいと考えている人物。出資先の「エイス」社長・岩佐栄輔(松下優也)を責任者に置いたビッグプロジェクトで、すみれたちの「キアリス」に協力を依頼する。

 キアリスの社員として、開発宣伝部の寺田明日香役の大西礼芳、同・佐藤久美子役の呉城久美(初)、島野直子役の青山夕夏(初)、新入社員・阿部靖夫役の上川周作(初)の出演が発表された。



関連写真

  • NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』新キャストとして西岡徳馬の出演が決定。2月下旬から登場(C)NHK
  • NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』新キャストとして、キアリスの社員(開発宣伝部)寺田明日香役の大西礼芳。2月下旬から登場(C)NHK
  • NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』新キャストとして、キアリスの社員(開発宣伝部)佐藤久美子役の呉城久美。2月下旬から登場(C)NHK
  • NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』新キャストとして、キアリスの社員(開発宣伝部)島野直子役の青山夕夏。2月下旬から登場(C)NHK
  • NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』新キャストとして、キアリスの新入社員・阿部靖夫役の上川周作。2月下旬から登場(C)NHK

オリコントピックス